職人の本音 「雨漏りの現実」

雨漏りを見続けて35年以上(現在は退職しております)雨漏りと付き合ってきた職人の本音です。
参考になればと思います。

住宅の雨漏りに関する、私の考えです。

まず、屋根材を選択する時、その材料が屋根勾配に対応できるかどうかが問題です。

もし、屋根勾配の少ない屋根で、瓦状の一枚一枚を重ね合わせて施工する(瓦等の)屋根材ですと、流れ落ちる雨水より、重ね部分より浸入する場合が多いものです。
これに対応できるのは、長尺物で横方向の重ねの無い金属製の屋根材です。

屋根に関しては、まず、表面の屋根材で確実に雨水をシャットアウトする事が大切で、もし雨水が浸入した時の二次防水(たとえば、防水シート・ルーフィング等)に頼ることが無い施工が、必要だと思います。

外壁より雨漏りで注意する点ですが、現在の外壁材は、(施工や雨漏り修理の経験から)雨水の浸入は多少あると思います。そのためには、外壁内に透湿シート等を貼る事が、必要だと考えます。

屋根材に関する事と、大変矛盾する話ですが、これが現実です。

ただ、浸入した雨水を、そのまま室内に入れさせるのでなく、入った雨水を、外(土台部分より下) に出せる施工方法が必要です。

最近は、なんでもシーリング材(コーキング等)で雨水を止めようとする事がありますが、 考え直す必要があるのではないかと思います。

雨漏りでお困りの方はお気軽にご相談ください。