遮熱工場体感ツアーのお知らせ

真夏でも
涼しく快適な工場は
あります!!!

 

ECO遮熱工法Ⓡ」で施工した工場が
いかに快適か真夏にご体感しませんか??

 

御社の工場と比較してみてください。
きっと違いに驚くはずです!

 

平素より弊社ホームページをご覧くださりまことにありがとうございます。

この度、『遮熱工場体感ツアー』を開催することとなりました!来年度以降の暑さ対策に向けて、ご参考になれば幸いです。

 

□日程

7月28日(火)※雨天順延
(予備日:8月4日(火))

 

□ツアー内容

ECO遮熱工法Ⓡで施工した工場と未施工の工場の両方をご体感いただきます。

  • ECO遮熱工法Ⓡ導入のきっかけ
  • 施工前後の違い
  • 従業員の方の声
  • 遮熱未施工の建物との比較

等々、工場内を見学いただきながら、オーナー様よりお話いただきます。

 

□場所

宇都宮工業株式会社 様 本社工場
(住所:愛知県豊川市大木町柏木2番地1)

 

□タイムスケジュール

13:15~ 受付(現地集合)
※当日はスタッフが駐車場、受付等の誘導をさせていただきます

13:30~ 工場内見学・オーナー様よりご説明

14:45~ 質疑応答

15:00  現地解散

 

□新型コロナウイルス感染症拡大防止対策について

  • マスク着用及び咳エチケットの励行にご協力お願いいたします
  • サーモグラフィーを用いた検温を実施し、37.5 度以上の方は原則として参加をお断りさせていただきます
  • ウイルス感染の可能性のある方、体調のすぐれない方はご参加をお控えください
  • 受付時の手指の消毒にご協力をお願いいたします

※新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため厚生労働省のガイドラインに沿って対策をとります

 

定員

5社

※先着順とさせていただきます
※同業者のご参加、お申し込みはお断りさせていただきます
※詳細に関しましてはお申込みいただいた方へ直接ご連絡させていただきます

 

□申込方法

下記の申込フォームより必要事項をご記入ください。
(※印は必須項目となります)

募集締め切りは7月17日(金)とさせていただきます。

 

お問合わせ内容 (下記のいずれかを選択してください)
御社名
ご担当者名
予備日参加有無
参加人数
メールアドレス
ご連絡先
ご住所 郵便番号   
都道府県   
市町村以下  
質問事項・その他ご要望
上記入力内容と、こちらの個人情報の取扱を確認し、チェックを入れてから「送信」をクリックしてください。
※確認画面は表示されません。

 

弊社の暑さ対策、熱中症対策の施工実績はこちらのページよりご覧いただけます。
工場・倉庫の暑さ・熱中症対策工事

[ブログ]来年度以降の予算計画作成のため、暑さ対策のお見積り依頼をいただきました|愛知県安城市

本日、三重県四日市市はどしゃぶりの雨です。

朝、早出で滋賀県の現場に向かった工事部もお昼頃には帰社して、板金の作りもの等を加工しております。工場がお休みの土曜には、屋根材を荷上げする作業を予定しています。施工面積が広いので、半分ずつ。

屋根材を施工し始めると、空気層(断熱)ができるので、さらに工場の中が涼しくなります。順調に進めば、本格的な夏到来の7月中~下旬には十分効果を発揮してくれるでしょう!!!

 

 

さて、今週2,3日続いた梅雨の晴れ間に、愛知県安城市にある金属加工の企業様へ暑さ対策工事の打合せ・現地調査へ。来年度以降の予算計画作成のためのお見積り依頼です。

 

スレート屋根。

 

雨漏りはしていませんが、スレート屋根の古い工場。
担当の方も、屋根が割れていないか、今度雨漏りしないか等とても心配されていました。

今回、ご提案させていただくのは、既存の屋根に「カバー工法+遮熱」で施工するECO遮熱工法Ⓡです。暑さ対策と雨漏り対策の両方が実現可能。

 

現在、滋賀県の工場を進めておりますが、実質今年の夏までの期間で工事に伺えるのはそちらで最後になるかと思います。

真夏は休工の暑さ対策工事《コスト削減のため、涼しい時に工事をさせてください!

時期的に、新たに暑さ対策工事を入れ込むことは難しいですが、実際にECO遮熱工法Ⓡを施工した現場への現場見学など、この時期しかできないこともあります。

 

コロナ禍で多くの企業様が、事業計画、予算の見直しをされていることかと思います。

今回のように、こんな時期だからこそ、【働く方の環境改善】に改めて目を向け、長期的なスパンで暑さ寒さ対策に取り組んでいかれる企業様からのご相談も増えてくると予想しています。

暑い夏、寒い夏は毎年必ずやってきますからね。

 

ぜひご相談ください!!

 

 

「暑さ対策」をご検討中なら、現場を見に来てください!

[ブログ]事務所暑さ対策。ご相談を受け、現地調査に行ってきました|三重県津市

今日も工事部は早出をして滋賀県の現場へ。

遮熱材を施工してから、すでに効果が出ているとのことで、完成ごろにやってくる酷暑にも快適に過ごしていただけそうです!

[ブログ]工場の暑さ対策工事着工|滋賀県

 

 

さて、最近のブログやコラム等々では、主に

”工場”で働く方々の働きやすい環境を実現する

に関する投稿が多めではありますが、先日は、三重県津市の整備工場よりご相談をいただき、現地確認に伺いました。

ちなみに、ご相談いただいたのは、工場ではなく、「事務所」の屋根でしたが、「働く環境」という点では、用途に関係なくお手伝いをさせていただいております!!ぜひ、お気軽にご相談ください。

暑い職場は、仕事の効率がガクッと落ちてしまいますので、対策を!!!

 

 

『暑さ対策はまず屋根から』

をテーマにご提案させていただいているECO遮熱Ⓡ工事は、屋根や外壁といった建物のまわり(外皮と言ったりすることもあります)を建築板金の技術と遮熱、断熱によって、性能向上させる工事です。

 

ECO遮熱Ⓡ工事を行うことのメリット

  • 作業効率が上がる、生産性が上がる
  • 熱中症リスクの軽減
  • 光熱費の削減
  • エアコンに頼らず、密閉空間を作らず、快適な環境を作れる
折板屋根の事務所

 

折板屋根の事務所でした。弊社の得意とする屋根です。只今、お見積りとご提案書を作成しております。

 

働く環境の改善にご協力できれば幸いです!!

[ブログ]工場の暑さ対策工事着工|滋賀県

5/30より滋賀県にて暑さ対策工事が着工しました!

これから1か月ほどかけて、工事を進めていきます!

足場設置とクレーンを使った材料荷上げ

 

初日は、仮設足場の設置とクレーンを使って下地材の荷上げ。

週初めからは早速遮熱材リフレクティックスの施工が始まりました。

遮熱材が施工され始めると、工場の中がガラッと変わるのを実感できるかと。これからどんどん工場の環境が良くなっていくはずです。

 

遮熱材リフレクティックスをスレート屋根の上に敷きこむ作業

 

6月とはいえ、遮熱材を敷きこんだ屋根はものすごい照り返しで、職人たちの体力を奪っていきます。その分効果が出ているということですが。しっかり水分補給、こまめに休憩を取りながら、熱中症ゼロで工事を終えられるようにやっていきます!!

 

職人のブログやインスタグラムも更新しておりますので、ぜひそちらも合わせてチェックしていただけると嬉しいです。

スタートしました。 : 三重の建築板金の職人ブログ

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(有)伊藤鈑金工作所(@itoban_mie)がシェアした投稿

 

[連載]コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策 ~「エアコンと換気」

こんにちは。暑くなれば、熱中症を意識する方は増えますが、一番危険なのは実は今ぐらいの季節の替わり目なのではないかと、最近気づきました。

 

さて、連載3回目は「エアコンと換気」について。
前回の内容にも繋がっているので、読まれていない方はそちらも合わせてぜひ、目を通してみてください。

 

これまでのコラムはこちらからご覧いただけます。
2020.5.18【連載】コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策
2020.5.27【連載】コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策~「換気」

 

【トピック】

●夏場のエアコン
●エアコンは空気を入れ替えていない?!
●換気をしましょう
●窓開けっぱなしの工場

 


●夏場のエアコン

 

これからだんだんと暑くなっていくと使用頻度が増えていくのが、「エアコン」ですよね。

業務用エアコン(天井カセット型)

 

今回のシリーズで特に取り上げている工場や倉庫でも同様に、これから使用が増えていくでしょう。また、例年続く、酷暑の夏に向けて、冬から春にかけて空調機の導入をされた企業様も多いのではないでしょうか。

 


●エアコンは空気を入れ替えていない?

 

今回は、前回の換気の内容に加えて「エアコンと換気」についてお話していきます。

 

エアコンは空気を入れ替えていません!

 

厳密には、換気機能のあるものもありますが、一般的にはエアコン自体に換気機能は付いていません。

エアコンから風が出てきて、外と中がダクトでつながっているようにみえるので、なんとなく「エアコンが換気もしてくれている」と思っている方は多いのではないでしょうか。

エアコンは、室内機と室外機、それぞれにある「熱交換器」によって空気を冷やしたり、温めたりしています。その空気を内蔵されているファンの力をつかって、室内に戻しているだけなので、エアコンが室内と外の空気を入れ替えているわけではないんです。

 


●換気をしましょう

 

構造上、エアコンは室内の空気を熱交換器によって、冷やしたり温めたりしているので、エアコン使用によって空気は汚れません。ですが、そこを使う作業員の方々から発生する汚染物質(前回参照)は時間の経過とともに空間にたまっていきます。

エアコンを使い、閉め切った工場内では、換気扇を使うか、もしくは窓をあけるなどして換気をしていかなければいけません。そうなると、せっかく適温にした空気が外に出て行ってしまうので、換気が終わったときに再度、エアコンを使って、適温まで戻すという作業が必要になります。効率が非常に悪いです。

エアコンの導入を積極的に進めていらっしゃる企業様には、ぜひこの換気のことを重々承知の上で、使用いただきたいなと思います。エアコンの効率が落ちることで、いくら省エネ対応のものを設置していたとしてもランニングコストが平年以上になることも考えれます。

 


●窓開けっぱなしの工場

 

ECO遮熱工法Ⓡを導入いただいた企業様からの話では、5月に入り徐々に暑さが厳しくなってからも、基本的には、マスクをし、窓を開けっぱなしで作業を行っているとのことでした。3密、空調コストの観点から、今後エアコンが使いづらくなりますが、幸い、この春まででECO遮熱工法Ⓡにて施工済の工場では、窓を開けっぱなしの状態でも十分快適に作業ができているそうです。

 

扇風機やスポットクーラー、業務用エアコンの需要が増える時期ではありますが、対策として、建物自体の性能を向上させることが重要であると、お客様の声から実感しております。

 

 

 

 

予告

次回以降掲載予定のコラムを簡単にご紹介。

  • ECO遮熱工法Ⓡとは
  • 今すぐにできる暑さ対策とは?
  • 暑さだけしのげばいいのか?
  • 2,3年続くことを見越した対策について

新たな情報が入れば、適宜追加変更していきます。

ご質問などございましたら、お気軽にご連絡ください。
お問い合わせはこちら

 

連載

2020.5.18 コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策
2020.5.27 コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策~「換気」
2020.5.30 コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策 ~「エアコンと換気」

[連載]コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策~「換気」

5月25日に気象庁より3か月予報が発表されました。
東海エリアの平均気温は「高い確率50%」との予報

年々、夏が暑くなってきていることを実感しますが、今年の夏も暑くなりそうです。

 

さて、前回に続き、「コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策」について。

今回は「換気」について書かせていただきました。

今回のテーマ「換気」です。工場の換気設備といえば、ベンチレーター。これは建物内の空気を排気するための機械で、自然換気式と強制換気式がある

 

前回のコラムはこちらからご覧いただけます
2020.5.18【連載】コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策

 

【トピック】
換気をしましょう
そもそも換気とは?
換気回数は毎時2回以上

 


●換気をしましょう

政府は「3つの密(密閉・密集・密接)」を避け、建物内に風の流れをつくり密閉空間を作らないために、窓がある部屋では

・2方向の窓を、1回、数分間程度、全開にしましょう。換気回数※は毎時2回以上確保しましょう
・窓が1つしかない場合でも、入口のドア開けてドアの窓の間に空気を流す。扇風機や換気扇を併用しましょう

と呼びかけています。

参考ページ:厚生労働省

※換気回数:部屋の空気がすべて外気と入れ替わる回数

サッシメーカーのYKK AP株式会社様のページにて、換気のメカニズム、換気の方法等わかりやすく掲載されています。ご参考までに。⇒窓がポイント! 住まいのじょうずな換気方法

 

 


●そもそも換気とは?

そもそも「換気」とはどういうことをいうのでしょうか??

 

【換気とは】
部屋などの空気を入れかえること。部屋の中にある汚染物質を薄めたり、外に出して、新しい空気を入れること。

 

【汚染物質(人間に対して悪い物)とは】
⼆酸化炭素(CO2)、⼀酸化炭素(CO)、ホルムアルデヒド(HCHO)、ハウスダスト、花粉、細菌、ウイルスなどがあります。

 

有圧換気扇(電気工事が必要)。強制換気の一つ

 

換気をせず、何もしなければ、部屋の中にそういった汚染物質がどんどんたまっていくことになります。また、そこで作業をする人数が多ければ多いほど、発生する汚染物質は増えるので、汚染物質がたまっていくスピードも早まります。

 


●換気回数は毎時2回以上

はじめに書いた「換気回数は毎時2回以上確保」という政府からの呼びかけ。

これを読んで、初見では「1時間に2回窓を開け閉めしたらいいんだな」と感じました。
間違いではありませんが、それでは足りないと感じました。

住宅の場合であれば、数分間程度で大丈夫かもしれませんが、工場などでは、作業をしている人数が多く、また空間が大きいため、汚染物質がたまりやすく、また空気が入れ替わるのに時間がかかってしまいます。

・換気の回数を増やす
・換気の時間を長くとる
・換気扇を設ける(設備投資)
・窓などの開口を開けっ放しにしておく(常に空気を入れ替えている状態)

換気の数や長さに関しては、工場の管理をされている方の積極的な呼びかけが必要ですね。

 

 

コロナが終息するまで、2,3年はかかると言われています。これからはコロナと共存しながら、積極的な対策を行いながら、工場を稼働させていきたいものです。

なおかつ、これからやってくる暑さや寒さに対してもしっかりと対策も取っていきたいですね。

対策の一環として、弊社が一番におすすめしているものは、こちらのコラムの初回にご紹介しましたECO遮熱工法Ⓡです。次回以降で詳しくお話しできればと思います。

 

まだ初回をご覧になっていらっしゃらない方はこちらもぜひご一読ください。

[連載]コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策

 

 

予告

次回以降掲載予定のコラムを簡単にご紹介。

  • エアコンで換気はできない?!
  • ECO遮熱工法Ⓡとは
  • 今すぐにできる暑さ対策とは?
  • 暑さだけしのげばいいのか?
  • 2,3年続くことを見越した対策について

新たな情報が入れば、適宜追加変更していきます。

ご質問などございましたら、お気軽にご連絡ください。
お問い合わせはこちら

 

連載

2020.5.18 コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策
2020.5.27 コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策~「換気」
2020.5.30 コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策 ~「エアコンと換気」

 

[連載]コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策

弊社は、工場の暑さ・寒さ対策工事を専門に行っている会社です。

今回はコラムという形で「コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ熱中症対策」に関する記事を書いていきます。

これまで弊社が培ってきた技術と経験から暑さや熱中症等でお困りの企業様に向けて、少しでもお役に立てればと思います。また工場の工事となると、設備投資として大きな費用がかかります。工事ではなく、すぐに行える暑さ対策に関しても合わせて書いていきます。ご参考になれば幸いです。

本コラムは5~6記事を予定しています。最新記事の掲載情報は、SNS等でお知らせいたしますので、こちらのアカウントをぜひチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

【トピック】
●3つの密を避けましょう
●真夏の暑さが心配です
●ECO遮熱工法®で建物自体の性能を向上させませんか?

 


●3つの密を避けましょう!

新型コロナウイルスの集団発生防止の観点から、3月28日に厚生労働省より「3つの密を避けましょう!」という呼びかけがありました。

  1. 換気の悪い密閉空間
  2. 多数が集まる密集場所
  3. 間近で会話や発声をする密接場面

この3つの条件がそろう場所がクラスター(集団)発生のリスクが高いとされています。3密を避けた行動をとるように呼びかけはありますが、それができない業種もあります。

特に「製造業」。人手が必要な生産ラインでは、3密の可能性が高くなる工程や人員配置の見直しを行っているそうです。

 


●真夏の暑さが心配です

総務省の発表によると2019年5月~9月の「熱中症による救急搬送状況」は71,317人でした。昨年の数値(95,137人)と比べると、23,820人減となっていますが、過去6年の推移をみても、上昇傾向にあると判断できます(資料1参照)。

 

 

 

今回取り上げている「製造業」に関しても、熱中症による死傷者数は建設業についで2番目に多い数値となっています(資料2参照)。

 

 

これから夏に向けて、だんだんと工場の中が暑くなっていきます。おのずとエアコンを使う機会が増えてきますよね。そこで気になるのが、「1.換気の悪い密閉空間」です。

「密閉」空間にしないためにこまめな換気が必要になってきます。

 

 

換気によって冷気も一緒に外へ出してしまうため、エアコンの効率は、グっと落ちてしまいます。光熱費の増大は必至。これは冬もしかりです。これは、夏場のエアコンの使用を控える方向に進むのではないでしょうか。

 


●ECO遮熱工法®で建物自体の性能を向上させませんか?

「新型コロナウイルスによって、エアコンの使用が難しくなるなら、建物自体の性能を向上させませんか?」

太陽からの熱を室内に入れないために、工場の屋根や外壁で熱を遮断する仕様に変えていきましょう。

そうすることで、エアコンを使用することなく、もしくはスポットクーラーや扇風機を数台設置するだけで快適な工場に変えることができます。

 

 

弊社の取り組んでいる工場の省エネリフォームECO遮熱工法®では、屋根や外壁の性能を向上させ、経費削減&省エネ/従業員の労働意欲・作業効率の向上を実現します。

施工事例⇒https://www.e-yane.net/archives/category/results/results-eco

 

 

この工法は、冬でも効果を発揮します。室内の熱を逃がさず、冷気を遮ることであたたかな工場に生まれ変わらせることができます。
https://www.e-yane.net/archives/5752

空調をつかわずに3密を避けた工場の実現のお手伝いをさせてください。これを機会に古い屋根をリフォームして、一石二鳥、三鳥の設備投資をしてみませんか。新型コロナウイルスで様々なことが自粛となっていますが、暑い夏、寒い冬は必ずやってきます。それまでに、対策を!

 

 

予告

次回以降掲載予定のコラムを簡単にご紹介。

  • 毎時2回以上の換気について
  • エアコンで換気はできない?!
  • 今すぐにできる暑さ対策とは?
  • 暑さだけしのげばいいのか?
  • 2,3年続くことを見越した対策について

新たな情報が入れば、適宜追加変更していきます。

 

 

ご質問などございましたら、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

 

連載

2020.5.18 コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策
2020.5.27 コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策~「換気」
2020.5.30 コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策 ~「エアコンと換気」

「暑さ対策」をご検討中なら、現場を見に来てください!

「暑さ対策」をご検討中の経営者の皆さん、ぜひ、弊社が暑さ対策工事(ECO遮熱工法®を施工した工場へご見学に来てください!!

HPやパンフレットをご覧になって、ご興味をもっていただいた方も多いかと思いますが、やはり現場が一番。

現場では、「遮熱工事をするとこんなに違うのか」と感じてもらえるかと思います。

特に、真夏の工場内をぜひご体感いただきたい!!

 

「暑さ対策」をご検討中なら、現場を見に来てください!
屋根裏にて説明中

 

「工場内の暑さを何とかしたい」「熱中症被害を減らしたい」「光熱費を抑えたい」など経営者様、オーナー様、工場長様等々、御社の工場でもそういったことでお悩みのことと思います。

現場見学では、現場で実際に働かれている方の生の声を聞けますし、また弊社の工法を導入した理由や導入してみて実際どうなのか等、経営者様から直接お聞きいただけます。

 

「暑さ対策」をご検討中なら、現場を見に来てください!
見学にて、オーナー様、自ら屋根裏の温度を測定していただいています

 

以前、暑さ対策をご検討中のお客様を、弊社が施工させていただいた工場へお連れしたことがありました。実際に施主様より、夏、冬と感じたことそのままをお話いただきました。

私たち施工業者がお伝えするより何倍も説得力があるなと改めて感じました!

 

ぜひ、生の声をお聞きいただきたい!!そして、体感していただきたい!!

 

見学希望の方は、お問合せフォームの内容の欄に「見学希望」とご記入いただき、ご連絡ください。

※申し訳ございませんが、同業の方の申込みや参加はお断りしております

お問い合わせ

 

施工実績020

 

お客様からのご要望

・工場内に空調設備がなく、夏は暑く、冬は寒いという作業環境を改善したい
・外観をきれいにしたい

 

工事概要

施工期間:2ヶ月
施工面積:屋根 2,550㎡  外壁 1,010㎡(4面全て)
工事場所:三重県

 

温度測定 

ECO遮熱工法®で施工を行った箇所と、何も施工をしていない箇所の屋根裏面温度をサーモグラフィーカメラを使って測定しました。(8月27日 13時半頃測定 外気温:30℃)
本物 488+451
【未施工箇所】
屋根裏面温度:62.2℃

【施工箇所】
屋根裏面温度:33.4℃

  温度差 約29℃

 

ビフォー&アフター

DSCN7308 IMG_0787
【ビフォー】
工場の屋根はスレート大波の切妻屋根でした。
【アフター】
ECO遮熱工法®でガルバリウム鋼板
の屋根材を重ね葺きしました。
全16箇所の明り採り全て撤去しました。
DSCF3237 IMG_0873
【ビフォー】
工場の外壁はスレート小波でした。
 【アフター】
屋根と同様にECO遮熱工法®にて外壁を重ね張りしました。カラーガルバリウム鋼板(焼付塗装)の角波。
DSCN7319 IMG_0999
 【ビフォー】
正面から見た外観。
 【アフター】
正面から見た外観。

 

 アフター写真    
IMG_0796 IMG_0285 IMG_0872

軒先は既存のアールに合わせたもの
(軒曲がり)を取付けました

 雨樋を取替えました。
排気用に部分的に窓を残しました。
窓にも
遮熱材・外壁材を施工し、
開口部からの熱の侵入を防いでいます。

 

施工の様子  
IMG_0002 IMG_0024
 踏み抜きによる落下防止のため、
屋根全体にネットを敷きこみます。
 遮熱材リフレクティックスを施工。
2加工 IMG_0369
屋根を繋ぎ目なく一枚の屋根材で仕上げるため、15mの屋根材を使用し、トレーラーにて工場から運搬してきました。長尺の屋根材をレッカーを使って荷揚げ。 遮熱材施工後、屋根を葺いていきます。
IMG_0261 IMG_0473
既存の外壁の上から遮熱材+ZeroD部材を取り付けガルバリウム鋼板を重ね張り。 工場の正面にある鉄扉は塗装仕上げ。

 

弊社担当者より

担当者名:住田 良平

2ヶ月間の長期工事でしたが、工事中は工場の稼動を止めることなく無事工事を進めることができました(工法の詳細はこちら→http://eco-reform.biz/)。
本工事の責任者の方とは、何度も打ち合わせをさせていただき、効果や施工方法等ご納得の上でご契約となりました。また、弊社が施工した工場へ見学にお越しくださり、OBの方のお話に熱心に耳を傾けておられたのがとても印象的でした。
工事完了後、夏と冬に工場へお伺いし効果を実感してきましたし、工場責任者の方からも
「効果出ていますよ」と、お喜びの言葉をいただきました。今後は、建物の維持管理のため定期的点検でサポートしていけたらと思います。