「メッセナゴヤ2018」に出展することが決定しました!

【展示会情報】

「メッセナゴヤ2018」に出展することが決定しました!

 

日時:2018年11月7日(水)~10日(土)  10時~17時

内容:「次世代省エネリフォーム ECO遮熱工法®」
     ~工場・倉庫の暑さ対策リフォーム~

『ECO遮熱工法®』で展示するのは2年振りです。
専用パンフレットも展示架台もリニューアル!!

ぜひ、皆さまお誘い合わせの上ご来場ください。
ECO遮熱工法®の詳細内容等オフィシャルサイトはこちら

施工実績026

お客様からのご要望

・建てて約1年で、夏を経験した際に業務用のエアコンを使用しているが全然効かなかった。
・冬場の暖機運転は半日かかってしまう。
・夏場は、平日の退所後もエアコンをつけっぱなしにしている。

 

工事概要

施工期間:6日間
施工面積:屋根320㎡(既存:金属製折板屋根)
工事場所:三重県
               株式会社 グラント様
     HP:http://www.grant.gr.jp
     ※お客様の承諾の上、お名前等を掲載させていただいております。

温度測定  

屋根裏面温度をサーモグラフィーにて測定。 
外気温:22.7℃》 4月3日13時頃

【ビフォー】
 遮熱塗料済みの屋根でした。
《施工前:38.2℃》4月3日13時頃撮影
【アフター】
ECO遮熱工法®で屋根を葺きました。
《施工後:28.0℃》4月3日13時頃撮影
        温度差 約10.2℃

ビフォー&アフター

【ビフォー】
施工前です。
【アフター】
施工後です。
    
【ビフォー】
建てて一年もしないため、劣化は見られませんでした。
【アフター】
カバーした屋根の分高さが増したため、化粧の幕板を新たに取付ました。
   
 【ビフォー】
リフレクティックスを張り、新しい屋根を葺きます。
 【アフター】
ECO遮熱工法®にて新しく屋根を葺きました。

 

施工の様子  
 

【左側】赤色。暑くなっています。

【右側】青色。温度が下がりました。

    4月3日13時頃撮影

施工中。左側が未施工。右側が施工済みの屋根裏面温度をサーモグラフィにて測定。  
   
晴天の空の下、屋根材の荷上げでした。 屋根全面に遮熱材のリフレクテッィクスを施工。
お昼休憩です。弊社の工事スタッフは椅子を持参しています^^ 幕板になる役物は加工して取り付けました。

 

お客様の声  

ここ最近の暑さは例年にないくらい暑さでやはり暑いですが、
昨年と比べて若干涼しくなったように思います。温度計の数値も2,3℃下がっています。
また、曇りや日が陰ってくると、以前に比べてエアコンの効きが良くなっているおかげか
室内が肌寒くなるので、エアコンの設定温度をあげることもあります。
(2018年8月上旬)

 

弊社担当者より

担当者名:住田 良平

築1年の工場で屋根材も新しい状態で、そこに新しい屋根をカバーすること(ECO遮熱工法®を
施工)に施主様があまり前向きではなかったのですが、夏場の暑さや機械の誤差の問題、冬の
暖気運転が必要なくなることなど、現状の悩みを解決するにはECO遮熱工法®しかないという思
いをお伝えしました。
業務用のエアコンを導入することもご検討されていましたが、光熱費は確実に増えますし、
現状の屋根では太陽からの熱を防ぐことはできないので、エアコンを入れる前にまず屋根を改
善しましょうということもお伝えしました。
今年の夏からは暑さに悩まされることなく、またより高品質な製品を製作できると確信してお
ります。

施工実績025

お客様からのご要望

・工場(スレート屋根)の暑さ対策を検討中です。アドバイスをいただければ幸いです。
・築30年くらいで3年前に屋根の塗装をしたが、それほど効果がなかった。
     

工事概要

施工期間:8日間
施工面積:屋根303㎡(既存:スレート屋根)
工事場所:愛知県名古屋市南区元塩町1-41
     株式会社 オーシーシー様
     ※お客様の承諾の上、お名前等を掲載させていただいております。

 

温度測定

2018年7月25日 サーモグラフィーにて温度測定を実施
14時半頃 外気温36℃

施工済 38.1℃ 未施工(パネルあり)
下屋:47.7℃
未施工(木毛板なし)
隣の建屋:54.6℃

 

ビフォー&アフター

 【ビフォー】
スレートの屋根でした。
 【アフター】
ガルバリウム鋼板で仕上げました。
 【ビフォー】
施工前の軒先部分。
【アフター】
施工後の軒先部分。
 【ビフォー】
遮熱塗料済みの屋根でした。
【アフター】
ECO遮熱工法®で屋根を葺きました。
 
 【ビフォー】
施工前のケラバ部分。
【アフター】
施工後のケラバ部分。

 

施工の様子  
新しく作った工事幕を取付けました。  施工中、換気棟を一度取外しました。
遮熱材「リフレクティックス」施工中。 屋根全面に施工完了。

 

お客様の声

弊社の工場は3層構造で、屋根に一番近い最上階の作業環境はとても劣悪。3年前に遮熱塗料を屋根に塗ってもらい、エアコンの出力も上げたのですが、屋根裏面温度は2.3℃下がったものの、体感温度は変わらず、毎年熱中症で体調を崩す従業員が出る状態でした。そんな時、最上階で働く社員が展示会でこの工法を見つけてきました。話を聞くとカバー工法のため屋根の劣化も暑さと共に解決できるとこのことで、驚きでした。百閒は一見にしかずと施工物件の建物を見学させていただきました。とても親切にいろいろお話を聞かせていただきました。冬だったので体感はできなかったのですが、社長の語られる言葉の端々から感じる「満足度」はとても高く、これは本物だ!と思い工事を依頼しました。冬の間に施工し、今年の暑い夏を待ち受ける準備は万端です。従業員の驚く顔を見られると思うと待ち遠しいくらいです。

 

 

 

 

 

 

弊社担当者より

担当者名:住田 良平

2017年4月に出展した工場設備・備品展にて工場で働く従業員の方と名刺交換をさせていただきました。工場の夏の暑さをどうにかしたいという思いがあったそうです。展示会でお渡しした資料が工場長様に渡り、本格的に暑さ対策のお話がスタートしました。実際に働く方の言葉は、やはり伝わるのだなと感じた出来事でした。
打合せで、弊社で遮熱工事を施工した工場へお連れしました。先方の社長様が採用を決めた理由や施工後の状況を聞く中で、これは効果があると実感いただいて、工事をご依頼をいただきました。実際に建物を使用している方の声には勝てませんね。
今年の夏は快適な工場で過ごしていただけそうです。

 

その後アフター訪問にて~お客様の声~

・2018年7月25日アフター訪問をした際に温度測定を実施し、担当者様にお話を伺ってきました。

この酷暑で「涼しくなった」っていう声は出てないけど、温度計の数値が出ているのは確かです。
昨年の暑い時は38度くらいだったが、今は33.4度。
工事をやっていなかったら何人か倒れてたんじゃないかな。
社長にも「早めにやっててよかったですね」と言われています。

【レポート】「2018中部パック」を終えて

今回、初めて「2018中部パック」に出展しました。
 弊社は、環境対策・保全機器・資材の分野で出展しました。出展内容は、工場の暑さ対策工事をご提案。弊社の行う工事は、すでにある屋根・外壁の上から重ねて施工するため、工場が営業中でも工事可能です。それと合わせて、遮熱材「リフレクティックス」を使用することで、外からの熱を大幅にカットし、労働環境改善や省エネルギー、また製品の品質向上等に効果的です。

4日間の展示会はお天気にも恵まれ暖かい日が続きました。ブースにも展示した構造模型や壁掛けの展示に興味をもっていただき、たくさんの方がお立ち寄りくださいました。そして、お客様からたくさんのご質問を受けました!
 ・内側からこの遮熱シートは貼れるの?
 ・遮熱塗料は昨年施工したけどあまり効果なかった…
 ・夏くそ暑いんです!!!!
 ・これで夏涼しくなるんですか?
 ・そろそろメンテナンスなんだけど見に来てくれないか?  等々…

今回、ご来場くださった方は、東海三県以外の地域からお越しの方が多くて、
「うちにも来てくれますか?」と質問を何度か^^専門的な展示会なだけあり来場者も普段会うことのない食品関連の方ばかりでした。でも、皆さん悩んでいることは同じで「夏暑いんです!」と。
これにつきますね!!弊社では、工場や倉庫で働く人たちの環境改善に貢献できるよう、今後もそんな声にお応えしたいと思います!

◎セミナーを終えて担当者からの感想

~伊藤~
営業担当と私で、今期初の展示会に出展しました。また、今回初めて出展するイベントだったので、いつものような予測がつかなかったですが、有難いことに多くの方がECO遮熱工法®に興味をいただき、見積りのご依頼もありました。そして、問い合わせいただいた企業様へは見積調査にこれから廻ります。東海3県はもとより、関西や信州などからも問い合わせいただいております。順次対応してまいりたいと思います。

~鈴木~
「中部パック」を終えて、今までは接点が少なかった食品関連の企業様がメインの展示会だったので、弊社の展示内容に興味を持って頂けるか若干心配していました。が今回、展示架台を新しくインパクトのある物に作り変えた事もあり、会場内でとても目立っていたので、多くの方に興味を持って立ち止まっていただき多くの方とお話させて頂けました。お話する中で、建物の暑さにお困りの方がたくさんお見えになり、ECO遮熱についても大変興味を持っていただき、多くのお問い合わせや見積り依頼を頂きました。これから、打ち合わせを進めていきますが、暑さ・寒さでお困りの企業様のお役に立てるようにご提案させて頂きたいと思います。

~住田~
初出展のイベントでどれだけの方が弊社のブースに興味を持ってくれるかと心配でしたが、ふたを開けてみると4日間で500名以上の方にお立ち寄りいただけました。
食品関連のブースが集まる展示会でしたが、業種、業界に関わらず、「暑さ」や「寒さ」への対策は急務なのだと実感しました。ただ、【暑さ対策】についてこちらから質問をすると、【エアコン】や【遮熱塗料】といった言葉を耳にする一方で、弊社のECO遮熱工法®を説明すると、「そんな方法があるんですね!」と驚かれました。毎年少しずつですが、実績をあげて認知度が高まっていると自負しておりましたが、まだまだ良さを伝えられていないんだという課題が見つかりました。
また、今回は展示会とは別で、「プレゼンテーションセミナー」にも参加。【ECO遮熱工法®】の説明や従来とこれからの【暑さ対策】についてなど、お話しました。来場は3社。展示会とは違う手法ですが、伝え方の手段として手ごたえを感じております。内容をさらに吟味して別の機会にセミナーを開催したいと思います。今後も色んな手段で、【ECO遮熱工法®】を広めていきます!

◎今までの「ECO遮熱工法®」の施工事例はこちらからご覧いただけます。
https://www.e-yane.net/archives/category/results/results-eco
参考にどうぞご覧ください。
暑さ対策でお困りの企業様、お気軽にお問合せくださいませ。
《お問い合わせ先》059-331-3731

施工実績021

お客様からのご要望

・夏の暑さ
・雨音を何とかしたい

 

工事概要

施工期間:一週間
施工面積:184㎡
施工場所:三重県

 

お客様からの声

我が家は1階が車庫、2階が住まいとなっています。2階の住まいは”夏は上から暑く、冬は下から寒い!”というのが現状でした。以前は階段を上がっていく途中で、暑くモワっとした温度を感じましたが、1階と2階の温度差がなくなりました。
また、部屋の保温状態も良いため、冷暖房機を切ってもしばらく温度をキープしてくれていますので光熱費の節約もできて感激です。日頃より、修理やリフォームは地元でも信頼のある伊藤鈑金さんにお任せしているので今回も迷いなく施工して頂きました。スタッフも明るく親切で、安心してお任せできます!

 

ビフォー&アフター

加工1 加工3

【ビフォー】
既存屋根は金属瓦棒の屋根でした。

【アフター】
カラーガルバリウム鋼板の屋根材を重ね葺きしました。

施工の様子  
IMG_3225 IMG_3237
現場の安全性を高めるため、養生シート・仮設足場を設置。 既存屋根に下地を取り付け遮熱材を敷き込みます。遮熱工事をすることで雨音も軽減されます。

 

弊社担当者より

担当者名:伊藤 豪人

夏の暑さ・冬の寒さを何とかしたい、また雨音が大きく、気になっていたとのことでしたので『ECO遮熱工法®』をご提案させていただきました。
施工後はお困り事だった2階住まいの”夏は暑く、冬は寒い”という空間が解消されました。
更に、室内の暖冷気を外に逃がさないため、部屋の保温状態がよくなり、光熱費の削減にも繋がりました。施主様に、しっかりと効果を実感していただくことができ大変うれしく思います。

施工実績020

 

お客様からのご要望

・工場内に空調設備がなく、夏は暑く、冬は寒いという作業環境を改善したい
・外観をきれいにしたい

 

工事概要

施工期間:2ヶ月
施工面積:屋根 2,550㎡  外壁 1,010㎡(4面全て)
工事場所:三重県

 

温度測定 

ECO遮熱工法®で施工を行った箇所と、何も施工をしていない箇所の屋根裏面温度をサーモグラフィーカメラを使って測定しました。(8月27日 13時半頃測定 外気温:30℃)
本物 488+451
【未施工箇所】
屋根裏面温度:62.2℃

【施工箇所】
屋根裏面温度:33.4℃

  温度差 約29℃

 

ビフォー&アフター

DSCN7308 IMG_0787
【ビフォー】
工場の屋根はスレート大波の切妻屋根でした。
【アフター】
ECO遮熱工法®でガルバリウム鋼板
の屋根材を重ね葺きしました。
全16箇所の明り採り全て撤去しました。
DSCF3237 IMG_0873
【ビフォー】
工場の外壁はスレート小波でした。
 【アフター】
屋根と同様にECO遮熱工法®にて外壁を重ね張りしました。カラーガルバリウム鋼板(焼付塗装)の角波。
DSCN7319 IMG_0999
 【ビフォー】
正面から見た外観。
 【アフター】
正面から見た外観。

 

 アフター写真    
IMG_0796 IMG_0285 IMG_0872

軒先は既存のアールに合わせたもの
(軒曲がり)を取付けました

 雨樋を取替えました。
排気用に部分的に窓を残しました。
窓にも
遮熱材・外壁材を施工し、
開口部からの熱の侵入を防いでいます。

 

施工の様子  
IMG_0002 IMG_0024
 踏み抜きによる落下防止のため、
屋根全体にネットを敷きこみます。
 遮熱材リフレクティックスを施工。
2加工 IMG_0369
屋根を繋ぎ目なく一枚の屋根材で仕上げるため、15mの屋根材を使用し、トレーラーにて工場から運搬してきました。長尺の屋根材をレッカーを使って荷揚げ。 遮熱材施工後、屋根を葺いていきます。
IMG_0261 IMG_0473
既存の外壁の上から遮熱材+ZeroD部材を取り付けガルバリウム鋼板を重ね張り。 工場の正面にある鉄扉は塗装仕上げ。

 

弊社担当者より

担当者名:住田 良平

2ヶ月間の長期工事でしたが、工事中は工場の稼動を止めることなく無事工事を進めることができました(工法の詳細はこちら→http://eco-reform.biz/)。
本工事の責任者の方とは、何度も打ち合わせをさせていただき、効果や施工方法等ご納得の上でご契約となりました。また、弊社が施工した工場へ見学にお越しくださり、OBの方のお話に熱心に耳を傾けておられたのがとても印象的でした。
工事完了後、夏と冬に工場へお伺いし効果を実感してきましたし、工場責任者の方からも
「効果出ていますよ」と、お喜びの言葉をいただきました。今後は、建物の維持管理のため定期的点検でサポートしていけたらと思います。

施工実績013

※お客様より許可をいただきましたので、お名前を公表させていただきます。

お客様からのご要望

古くなって雨漏りしていたので、困っていました。チラシを見て、既存の屋根を捲らずに修理できることを知り、問合せをしました。尚且つ、遮熱によって夏の暑さが解消されるのであれば、是非してみたいなと思いました。

 

施工期間

約12日間

 

工事概要

宮田工業ゴム(有)様との出会いは、四日市商工会議所が発行する「チラシ折り込み」がきっかけでした。弊社が折り込みをした「ECO遮熱工法®」のチラシを見て大変興味を持たれ、宮田工業ゴム㈲様から、お電話でお問い合わせをいただきました。後日、現地にお伺いさせていただき現状を確認させていただきました。そして、「ECO遮熱工法®」の工事内容や工事後のお話をさせていただいたところ、大変気に入っていただき倉庫兼作業スペースの屋根に採用いただきました。

 

ビフォー&アフター

b_01 a_01
【ビフォー】
 施工前は、スレート屋根でした。
【アフター】
施工後はガルバニウム鋼板、軒先はラジアル加工です。
b_02 a_02
【ビフォー】
施工前
【アフター】
施工後
b_03 a_03
【ビフォー】
施工前
【アフター】
施工後
b_04 a_04
既存の屋根を剥がさずに施工する、カバー工法のZeroD-Roof専用金具を取り付けます。 専用金具の取り付け完了。
◆施工の流れ  
b_05 a_05
遮熱材の「リフレクティックス」と、防水シートの「ノアガード」を張りました。 新しい屋根材を葺きます。
b_07 a_07
施工前の外壁 施工後の外壁
外壁を張り替えた後、看板屋さんに文字のペイントをしていただきました。
ph01
屋根葺き完了

 

◆施工中の様子  
m_01 m_02
今回、「ECO遮熱工法®」による工事幕シートを新しく製作しました、そして、早速足場に掛けてPRさせていただきました。 施工中の外壁。
外壁もカバー工法です。
(既存の外壁の上から、新しい屋根材を重ね張りします)
m_03 m_04
遮熱材のリフレクティックスを張り、下地材の垂木を取り付けます。 リフレクティックス及び下地材完了。

 

弊社担当者より

担当者名:伊藤 豪人
今回は、屋根のECO遮熱工法®だけでなく、外壁のカバー工事もご依頼くださり、外装全ての工事をせていただくことになりました。宮田様の「年内までには完成したい!」というご希望どおり、無事に全ての工事が年内に完了することができました。宮田様に大変喜んでいただき嬉しく思います。そして、「屋根が見違えるようになった。この辺りは、うちのような建物が多いから良い宣伝になるよ」と嬉しいお言葉をいただき、新しく作製した「ECO遮熱工法®」の工事幕シートも活躍しました。宮田様いろいろとありがとうございました。