施工実績027 雨漏り修繕のための屋根重ね葺き工事|三重県四日市市

お客様からのご要望

・台風で明かり採りが破損→雨漏り対策
・その他、スレート屋根のリニューアル

 

工事概要

施工期間:9日間
施工面積:屋根490㎡(既存:スレート屋根)
工事場所:三重県四日市市
               

 

ビフォー&アフター

既存はスレート屋根でした ガルバリウム鋼板で重ね葺きしました
既存屋根はスレートでした。 新しくガルバリウム鋼板の屋根を重ね葺きしました。
既存スレート屋根写真です ガルバリウム鋼板で重ね葺きした写真です

 

施工の様子

屋根明かり採り部分が破損した写真です 破損部分をブルーシートで応急処置した写真です
台風によりスレート屋根明かり採り部分が破損。 ブルーシートで応急処置。
踏み抜き防止のため安全ネットを敷き込みました レッカーを使い屋根材を荷上げします
スレート踏みぬきによる落下を防止するため、安全ネットを敷きこみます。 レッカーを使って屋根材の荷揚げ。
屋根を葺いている写真です 雨樋を取り付けました
屋根重ね葺き。 雨樋の取り付け。
施工後のケラバ部分の写真です  
施工後のケラバ部分。  

 

弊社担当者より

担当者名:住田 良平

台風21号の影響で、古い明り採りが剥がれてしまい雨漏りが発生していました。応急処置に
ブルーシートを施工しましたが、長くはもちません。
室内は全面天井(ジプトン)が貼られており、屋根に設置された明かり採りは不要でしたので、
雨漏り原因となりやすい明かり採り部分も含め、屋根全体に上からガルバリウム鋼板を重ね張
りするカバー工法をご提案させていただきました。
スレート自体もだんだんと劣化が進み、割れが発生することもあります。スレートを使用した
建物は、塗装もしくは、今回のように鉄板を重ねる工事の2種類ありますが、長い目でみて
カバー工法がやはりおすすめだと思います。

 

施工実績024 折板屋根の重ね葺き工事|三重県四日市市

お客様からのご要望

・雨漏りを直したい

 

工事概要

施工期間:5日間
施工面積:87㎡
工事場所:三重県四日市市  
     株式会社 三扇様
建物規模/構造:鉄骨造4階建て

 

ビフォー&アフター

既存は折板屋根で雨漏りをしていました ガルバリウム鋼板で重ね葺きしました
【ビフォー】 【アフター】
軒先面戸とALCパネルの間に隙間ができており、中に鳥が巣を作っていました 板金で延長させ、穴を塞ぎました
【ビフォー】
軒先面戸とALCパネルの間に隙間ができており、中に鳥が巣を作っていました。
【アフター】
板金で延長させ、穴を塞ぎました。 
シーリングの硬化で割れが多数あり、防水機能がほとんどない状態でした 既存のシーリングを全て撤去し、新たにシーリングを打ちました
【ビフォー】
シーリングの硬化で割れが多数あり、防水機能がほとんどない状態でした。
【アフター】
既存のシーリングを全て撤去し、新たにシーリングを打ちました。 

 

施工の様子

施工前、屋根には看板が設置されており、屋根を貫通した鉄骨柱の周辺から雨水が浸入していました

 

施工前、屋根には看板が設置されており、屋根を貫通した鉄骨柱の周辺から雨水が浸入していました。

鉄骨柱切断後の写真です 看板・鉄骨は撤去。柱の貫通部分は、板金で雨仕舞いをしました
鉄骨柱切断後。 看板・鉄骨は撤去。柱の貫通部分は、板金で雨仕舞いをしました。
既設の屋根材と同形状のタイトフレーム(下地材)を取り付けました  
既設の屋根材と同形状のタイトフレーム(下地材)を取り付けました。  

 

弊社担当者より

担当者名:住田良平

普通の雨でも雨漏りするとのことでしたので、屋上へ行きチェックしてみました。屋根には看板が設置してあり、看板用の鉄骨柱が4本、屋根を貫通した状態で立っていました。
柱周りには、雨が入らないようシーリングは打たれていましたが、看板の揺れなどでシーリングが切れ、そこから雨水が浸入していたと思います。屋根の上には、看板の他に室外機も数台設置してありましたが、今回の工事で全て撤去(室外機は地上へ設置)し屋上をすっきりさせました。
また、外壁(タイル・ALC)の目地シーリングもかなりの傷みでしたので足場を組んで打ち替え、増し打ちをしました。屋根・壁をきっちり工事したので、これで安心です!

施工実績022 屋根重ね葺き工事”一文字葺き”|三重県伊勢市

お客様からのご要望

・雨漏りを直したい
・外観を綺麗にしたい

 

工事概要

施工期間:約60日
施工面積:1,620㎡
施工場所:三重県伊勢市

 

ビフォー&アフター

既存は銅板葺きでした カラーガルバリウム鋼板で重ね葺きしました
【ビフォー】
既存屋根は「銅板葺き」でした。
【アフター】
カラーガルバリウム鋼板で重ね葺きしました。
もう一つの建物の既存はカラーベストでした こちらもカラーガルバリウム鋼板で重ね葺きしました
【ビフォー】
既存屋根は「カラーベスト葺き」でした。
【アフター】
大講堂と同様、カラーガルバリウム鋼板で重ね葺きしました。 
上空からみた屋根の完工写真です 上空からみた屋根の完工写真です
 【アフター】  【アフター】

 

施工の様子  
工事幕と足場設置の写真です カラーベストは高圧洗浄にしました
工事幕・仮設足場の設置。 長年の汚れを高圧洗浄機を使いキレイに落とします。
棟を納めている様子です 一文字葺きをしていきます
棟を納めます。  

 

弊社担当者より

担当者名:代表取締役 伊藤 豪人

大講堂・研修館の屋根重ね葺き工事のご依頼をいただきました。
施工後は心配していた雨漏りも、しっかり止まり、気になっていた建物の
外観も一文字葺きでキレイに仕上り、美しい景観へと大変身しました。
施主様にも大変喜んでいただき、とても嬉しく思います。

 

施工実績016 (有)W様邸 工場の屋根 ECO遮熱工法®|三重県四日市市

お客様からのご要望

工場の雨漏りをどうにかしたい。雨漏りを直してもらうついでに、夏になると工場が暑くなるので、社内改善をしたい。

 

工事概要

施工期間:一週間
施工場所:三重県四日市市

 

ビフォー&アフター

施工前はスレート屋根でした ガルバリウム鋼板で重ね葺きしました
【ビフォー】
施工前はスレートの屋根でした。
【アフター】
施工後はガルバニウム鋼板の屋根です。
施工前のスレート屋根の写真です 施工後のガルバリウム鋼板屋根の写真です
【ビフォー】
施工前。雨漏りしてました。
【アフター】
施工後。
施工前の棟部分 切妻形状の写真です 施工後の棟部分 切妻形状の写真です
【ビフォー】
施工前の棟部分
切妻形状
【アフター】
施工後の棟部分
切妻形状
施工前の外観です  施工後の外観です
【ビフォー】
施工前の外観
【アフター】
施工後の外観
施工前の屋根裏温度は44.2℃でした 施工後の屋根裏温度は29.6℃でした
【ビフォー】
施工前の屋根裏温度
44.2℃  5/31 11時頃撮影
天気:晴れ外気温22℃
【アフター】
施工後の屋根裏温度
29.6℃  6/4 14時頃撮影
天気:晴れ外気温24.5℃
◆施工中の様子  
Zero-D Roofの金具付け写真です リフレクティックスを張り、新しい屋根材を上から葺きます。
Zero-D Roofの金具付け。 リフレクティックスを張り、新しい屋根材を上から葺きます。
軒先はラジアル加工の写真です 工事後、オーナー様と現場を管理をしていた新入社員の武藤が挨拶を交わしました。
軒先はラジアル加工。 工事後、オーナー様と現場を管理をしていた新入社員の武藤が挨拶を交わしました。

 

お客様の声

最初は雨漏りが原因でした。雨漏りを直してもらおうと考えたところ、この工法を知り、雨漏りを直してもらうついでに社内環境も改善していこうと工事を行うことにしました。今までは工場にクーラーがなく、夏はとても暑い思いをしていましたが、工事後に温度の下がり具合を見て驚きました。今年の夏は快適な仕事場になりそうです。

 

弊社担当者より

担当者名:武藤 みのり
暑い夏がくるまでに、工事できますか?」とECO遮熱工法®のチラシをご覧になられ問い合わせいただきました。今回は、屋根が一部雨漏りも発生していましたので、暑さ対策と雨漏り修繕の一石二鳥の工事となりました。施工時は曇り空でしたが、それでも屋根裏の温度は赤外線計測で50℃の数値がでました。梅雨入りするまでに完成できてよかったです。これで夏過ごしやすい作業環境をご提供することができてよかったです。

ご検討中の建物屋根がスレート屋根の方は、ぜひこちらのページも合わせてチェックしてみてください。

施工実績015 K様邸 ECO遮熱工法®|三重県四日市市

お客様からのご要望

夏のエアコンがほとんど効かない状態で暑い。また、雨漏りもしている。

 

工事概要

施工期間:3日間
施工場所:三重県四日市市

 

ビフォー&アフター

【ビフォー】 施工前の屋根はプレハブの屋根でキーストンプレートです。 【アフター】 施工後の屋根はやまなみGL鋼板です。
【ビフォー】
施工前の屋根はプレハブの屋根でキーストンプレートです。
【アフター】
施工後の屋根はやまなみGL鋼板です。
【ビフォー】 施工前。既存の屋根は水平でした。 【アフター】 施工後。雨水が流れるよう勾配をつけました。雨樋も取り付けました。
【ビフォー】
施工前。既存の屋根は水平でした。
【アフター】
施工後。雨水が流れるよう勾配をつけました。雨樋も取り付けました。
◆施工中の様子  
現場で取り付ける寸法に合わせて、鉄骨材を加工します 遮熱材リフレクティックスの施工
現場で取り付ける寸法に合わせて、鉄骨材を加工します。 既存屋根の上に、遮熱材リフレクティックスを張ります。

 

弊社担当者より

担当者名:伊藤 豪人
プレハブ事務所だったため、屋根がキーストンプレートでした。
(キーストンプレートとは、鉄板を凹凸加工して、亜鉛メッキしたものです。凹凸の大きなものはデッキプレートと言いますが、凹凸の小さなものをキーストンプレートと呼びます。)
K様は、事務所が夏のエアコンがほとんど効かない状態と、雨漏りでお困りでした。そんな時に弊社のチラシにより「ECO遮熱工法®」を知り、打ち合わせをさせていただくことになりました。既存の屋根がキーンストンプレートにより水平なので、鉄骨を取り付けて、雨が流れるように勾配をつけてから、ECO遮熱工法®を施工しました。

ご検討中の建物屋根が折板(金属)屋根の方は、ぜひこちらのページも合わせてチェックしてみてください。

施工実績009 S様倉庫カバー工法によるスレート屋根遮熱工事|三重県伊勢市

お客様からのご要望

倉庫の雨漏りと、夏になると室内が暑くなるのでどうにかしたい。

 

工事概要

施工期間:6日間
施工場所:三重県伊勢市

 

ビフォー&アフター

【ビフォー】 施工前。 【ビフォー】 赤外線放射温度計で屋根裏の温度を測定。
【ビフォー】
施工前。古くなったスレート屋根の雨漏りと、夏になると室内が暑くなるという問題でした。
【ビフォー】
赤外線放射温度計で屋根裏の温度を測定。
(2010.5.29撮影・最高外気温22.8℃)
【アフター】 施工後。カバー工法完了。 【アフター】 赤外線放射温度計で屋根裏の温度を測定。
【アフター】
施工後。カバー工法完了。
【アフター】
赤外線放射温度計で屋根裏の温度を測定。
(2010.6.11撮影・最高外気温27.4度)

 

作業の流れ

作業の進み具合をご覧ください。

【1】ゼロディーの専用サドル金具の取り付け完了 【2】リフレクティックス(遮熱材)を張り、金属タルキを取り付けます。
【1】
ゼロディーの専用サドル金具の取り付け完了
【2】
リフレクティックス(遮熱材)を張り、金属タルキを取り付けます。
【3】新しい屋根材を重ねて葺きます。 【4】重ね葺きの完了です。
【3】
新しい屋根材を重ねて葺きます。
【4】
重ね葺きの完了です。
【5】軒先部分施工中。 【6】 軒先ラジアル加工 完了。
【5】
軒先部分施工中。
【6】
軒先ラジアル加工 完了。

 

お客様の声

2009年、ある異業種の集まりで伊藤さんとは知り合いました。
そこで、社屋の雨漏りで困っている旨を相談いたしました。
食品を扱う工場と倉庫そして事務所が一緒になった建物ですから
修繕には万全を期したいという思いを伊藤さんは承諾してくれました。
また、暑さ対策には遮熱材を使うといいという話も伺い、会社訪問をさせていただき
実物をこの目で見て、実験で体感させてもらうことができました。

実際に工事が完了したのは、本格的な夏になる前でしたが
この、猛暑の中でも従業員が快適だと大変喜んでおります。
次は隣接する工場の修繕工事も考えておりますので、その際は宜しくお願いします。

 

弊社担当者より

担当者名:伊藤 豪人
今回の工事は、古くなったスレート屋根の雨漏りと、夏になると室内が暑くなる二つの問題解決をする工事になります。古いスレートの上に遮熱材(リフレクティックス)を取り付け、無塵工法(ゼロディールーフ)によりさらに空気層を確保します。この工事をすることにより、お客様の問題解決はバッチリ解消できます。そして、屋根を重ねると見えなくなってしまいますが、銀色の光るシートが遮熱材です。施工後、屋根裏温度を測定したら、施工前が40℃、施工後が27℃でした。これで、従業員の皆様も、暑い夏でも快適な作業空間で過ごせることと思います。

ご検討中の建物屋根がスレート屋根の方は、ぜひこちらのページも合わせてチェックしてみてください。