真夏は休工の暑さ対策工事《コスト削減のため、涼しい時に工事をさせてください!》

今年の夏、涼しい工場で、涼しい事務所でお仕事をしてもらいたい!
暑い夏がくる前に・・・と、いつもそんな願いでおります。

 

そこで、いつもこの時期にお伝えしているのが 

暑さ対策(遮熱工事)は「涼しいうちに工事やりませんか?」

 

暑い時期は、作業効率が落ちてしまいます。

暑さ対策工事(遮熱工事)はリフレクティックスの反射でものすごい照り返しと暑さ。

▲実際の様子
 
スレート屋根に遮熱材を敷く作業は
室内側に熱が入っていかない分、外側にいる職人に跳ね返ってきます。とても過酷です。
気温の上昇とともに、その過酷さが増していきます。
 
▲敷き終えると、一面銀世界(リフレクティックス)が広がります。

 

現場での様子がこちらです。

弊社では、7月後半から9月中旬の期間には、暑さ対策工事を行っておりません。

打ち合わせの際も、「この期間は休工としておりまして」とお伝えして、
夏までに間に合わない分は、秋以降に工事をずらしていただいております。

 

さらに、夏が近づくと、ご依頼が集中するので、すぐに工事に伺えないことがしばしば…

弊社では、秋~冬の涼しい時期を『遮熱工事推奨月間』として、工事を進めていきます。

  • ご希望の日程で調整がしやすくなる
  • 作業効率が上がり工期の短縮が可能⇒コストを下げられる
  • 遮熱工事は冬の寒さ対策にもなる

この機会に、ご検討をお願いいたします。