[ブログ]温度差13.2℃!工場の暑さ対策工事完了|滋賀県湖南市

5月末の着工で工事を進めていました滋賀県湖南市の工場暑さ対策工事が無事、工事完了いたしました。⇒ブログ「工場の暑さ対策工事着工|滋賀県

晴天の空に映える屋根。スレートの屋根の上からガルバリウム鋼板の屋根を重ね張りしました。

 

施工事例はこれから詳しく書いていきますので、取り急ぎブログにて報告を。

 

今年は梅雨が例年より長く続いたため、工事も中々進められないという状況でしたが、本格的な夏、まさに、今ですね!なんとか、真夏の到来に間に合わせることができました。

 

工事完了後に、施工済の屋根と施工を行っていない屋根の裏面温度を工場内から放射温度計を使って測定しました。ちなみに、この日の滋賀県湖南市周辺の気温は31.5℃(13時頃)でした。

施工済 29.8℃

施工済 屋根裏面温度

 

未施工エリア 43.0℃

未施工 屋根裏面温度「43.0℃」

 

それぞれの屋根を温度比較をすると、温度差は13.2℃でした。効果あり!!

遮熱材リフレクティックスによって、太陽からの輻射熱(放射熱)がカットされることで、体感としても非常に涼しく感じると思います。

梅雨明け宣言と共に、気温がぐんぐんとあがって、例年通りなら、熱中症被害も増えてくる時期ではありますが、今年の夏は違いますね。この体験をもっと多くの工場で働く方に感じていただきたい。

来年に向けて、夏の暑さでお困りの企業様と一緒に、対策を考えていきます!!

熱中症対策や労働環境改善などで、対策をご検討中の方はぜひ弊社までご連絡ください。

 

[ブログ]工場の暑さ対策工事着工|滋賀県

施工実績

お問い合わせ

[ブログ]工場の暑さ対策工事着工|滋賀県

5/30より滋賀県にて暑さ対策工事が着工しました!

これから1か月ほどかけて、工事を進めていきます!

足場設置とクレーンを使った材料荷上げ

 

初日は、仮設足場の設置とクレーンを使って下地材の荷上げ。

週初めからは早速遮熱材リフレクティックスの施工が始まりました。

遮熱材が施工され始めると、工場の中がガラッと変わるのを実感できるかと。これからどんどん工場の環境が良くなっていくはずです。

 

遮熱材リフレクティックスをスレート屋根の上に敷きこむ作業

 

6月とはいえ、遮熱材を敷きこんだ屋根はものすごい照り返しで、職人たちの体力を奪っていきます。その分効果が出ているということですが。しっかり水分補給、こまめに休憩を取りながら、熱中症ゼロで工事を終えられるようにやっていきます!!

 

職人のブログやインスタグラムも更新しておりますので、ぜひそちらも合わせてチェックしていただけると嬉しいです。

スタートしました。 : 三重の建築板金の職人ブログ

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(有)伊藤鈑金工作所(@itoban_mie)がシェアした投稿