工場の暑さ対策として、エアコン設置より先に、まず「屋根・外壁の遮熱」をご提案する理由

8月は全て真夏日以上

今年の夏も例年と同様に酷暑の夏でしたね。まだまだ日中は暑い日が続いておりますが…

令和2年8月、弊社のある三重県四日市市は、最高気温が30℃以上の「真夏日」と35℃以上の「猛暑日」を合わせると「31日間」ありました。どおりで暑かったわけです。毎日ですからね。
※令和元年8月は24日間 参考:気象庁 気象データ

令和2年8月の三重県四日市市の最高気温と最低気温の推移を表した折れ線グラフです

 

これから徐々に涼しく、過ごしやすい気候になっていきますが、引き続き新型コロナウイルス対策も必要ですし、来年の夏に向けて、「暑さ対策」に関する予算取りや事業計画を考えているオーナー様も多いはず。ご参考になれば幸いです。

 

「工場を涼しくする」には何が効果的か

「工場の中を涼しくしたい」と考えた時、真っ先に思い浮かぶのは『エアコン』ではないでしょうか?

業務用エアコン
スポットクーラー(冷風機)

 

建物全体を冷やすものやスポットクーラー(冷風機)のように部分的に冷やすものもあります。これも一つの方法です。

ただ、当たり前ですが、これには光熱費というランニングコストが常にかかります

いくら高性能、高効率なエアコンを設置して、工場内を冷やしたとしても、太陽からの熱をどんどん入れてしまうような建物であれば、外から入ってくる熱で、工場の中は温められてしまいます。

 

エアコンを設置するより先に、まず工場自体を太陽の熱から守る必要があります!!!

弊社がご提案している『暑さ対策』は、建物の外側を遮熱することで、太陽の熱を建物に入れないようにすることを目的としています。 ※詳細⇒施工実績

 

クリックすると、ECO遮熱工法®公式ページが開きます

 

 

遮熱工法で省エネ率89%実現した工場

愛知県春日井市にあります段ボール生産機械メーカーである㈱ISOWA様の実例をご紹介します。

こちらの工場のお悩みは「従業員の熱中症対策」でした。夏場はエアコンがほとんど効かず、工場内の温度はなんと40℃以上。そのため冷房の増設を検討していたものの、必要な台数を導入すると、1億円近い導入費がかかるだけでなく、電気代は年間1,200万円も増えてしまうとのことでした。

 

床面積:約4,000㎡

 

既設設備:40kwエアコン×5台=200kw/スポットクーラー×10台

 

空調設備の増設検討からコスト削減のため、遮熱材リフレクティックスを使用した遮熱工法をご採用されました。

 

当初、この工場を十分に冷やすには、1815kwのエアコンが必要と設備メーカーより提示されたそうです。ですが、遮熱工法施工後は既設200kwのエアコンを稼働するのみで十分対応可能になりました。省エネ率89%実現!!

 

弊社のおすすめする暑さ対策工事ECO遮熱工法®は、太陽からの熱を建物へ入れないことが目的です。工事後の屋根裏面温度は外気温と同じくらいまで下げることができます。

暑さ対策をするなら、工場を涼しくしたいなら、まず屋根・外壁から手を付けましょう!!

空調設備導入の前にぜひ一声かけていただけると幸いです。

 

 

こちらの事例の詳細はこちらのページをご参照ください

㈱佐武 株式会社ISOWA様
「遮熱カバー工法で、省エネ率89パーセントを実現。導入前は必要空調負荷1,815kWだったのが、導入後はわずか200kWで快適空間に。」

 

お問合せはこちらから

お問い合わせ

[ブログ]リサイクル工場より暑さ対策工事のご相談|愛知県半田市

朝晩はだいぶ過ごしやすくなったように感じますが、まだまだ日中は熱中症に気を付けないといけない状況が続いております。

 

今の時期、弊社では「暑さ対策」に関するお問い合わせが増えます。

「冷夏」と噂されていましたが、今年も”酷暑の夏”。対策が十分でない建物では、過酷な環境での作業を余儀なくされています。

来年の夏に向けて、対策を取っていくため、これからご相談いただいている企業様と打合せを進めていきます!!

 

 

昨日は、愛知県半田市のリサイクル工場より、暑さ対策のご相談いただき訪問してきました。

 

訪問したのは、14時。一番暑い時間帯ですね。
外気温は32.4℃気象庁データ 南知多のデータを参考)
屋根裏温度は53.4℃

サーモグラフィーカメラにて屋根裏面温度を測定

 

使用している製品自体が熱を帯びていることもあり、屋根からの熱と製品からの熱で、非常に暑い作業環境でした。ちなみに、作業エリアの温度計は40℃を示していました。暑い…

 

太陽からの熱が屋根(こちらの工場はガルバリウム鋼板)を熱し、その熱が作業エリアを温めている結果ですね。弊社ではこの屋根からの熱を室内に入れないために、屋根や外壁等、建物のまわりを”ECO遮熱工法®”で施工します。

[参考ページ]工場・倉庫の暑さ対策工事『ECO遮熱工法®』

 

 

週末は、愛知県蒲郡市の工場にて、暑さ対策のご相談いただいております。

ピークは過ぎましたが、きっと来年も同様に暑いです。ぜひ、暑さ対策をご検討ください!!

弊社でお手伝いできることがございましたら、お気軽にご相談ください。

 

 

お問合せ

お問い合わせ

暑さ対策工事の施工事例を更新しました!|三重県津市

三重県津市で工事を進めておりました暑さ対策工事「ECO遮熱工法®」が完了しました。

事務所と2階倉庫が非常に暑くなるとのことでECO遮熱工法®をご採用いただきました。
本格的な暑さが来る前に完了し、屋根裏面温度は施工前と施工後では-14.8℃!!

早速、施工事例を更新しましたのでご覧ください♪

 

施工実績032

[ブログ]プレハブ休憩所をECO遮熱Ⓡ工事で快適に!|三重県四日市市

工事現場などで見かけるこのプレハブの建物。
ここは工場の従業員さんたちの休憩所として使われています。

今回、こちらの休憩室をECO遮熱Ⓡ工事で
快適な休憩所にリフォームするご依頼をいただきました。

プレハブの休憩所(工事前)

簡易的なつくりの建物なので、断熱材や遮熱材などの「建物の暑さ寒さを和らげるもの」がもともと十分には備えつけられていません。

エアコンは設置済みですが、梅雨が明けて、一気に気温が上昇した四日市。
この暑さでは、なかなか冷えてくれません。

エアコンはありますが…

工事前に、天井表面の温度を測定にいきました。

8月上旬14時頃

天井の表面温度をサーモグラフィーカメラで測定すると

52.4℃(この時外気温32℃)

体感としても、非常に暑く、測定中は汗が噴き出してきました。

 

施工規模としては、5m×2.5m。普段行っている工場に比べると、小規模で1日で完了できるので、休工期間ではありますが、工事進めます。

これからまだまだ暑くなっていきますし、休憩室で熱中症にならないように、早めに工事完了させていただきます!!

 

暑さ対策、熱中症対策でお困りの方、ぜひご相談ください!!

お問い合わせ

 

[追記]

遮熱工事完了後に、天井を再度測定しました。

32.7℃(この時外気温30.1℃)

8月上旬14時半頃(施工後)

温度差⇒19.7℃

 

こちらの現場では、休憩所以外にも工事をさせていただいおりまして、早速職人の休憩場所として、使わせていただいております。めちゃ涼しいです!!!(現場の職人&ブログ担当 談)

遮熱工場体感ツアーのお知らせ

-ツアーは終了いたしました-

 

真夏でも
涼しく快適な工場は
あります!!!

 

ECO遮熱工法Ⓡ」で施工した工場が
いかに快適か真夏にご体感しませんか??

 

御社の工場と比較してみてください。
きっと違いに驚くはずです!

 

平素より弊社ホームページをご覧くださりまことにありがとうございます。

この度、『遮熱工場体感ツアー』を開催することとなりました!来年度以降の暑さ対策に向けて、ご参考になれば幸いです。

 

□日程

2020年8月4日(火)
※雨天のため、7月28日(火)の開催は中止となりました

 

 

 

□ツアー内容

ECO遮熱工法Ⓡで施工した工場と未施工の工場の両方をご体感いただきます。

  • ECO遮熱工法Ⓡ導入のきっかけ
  • 施工前後の違い
  • 従業員の方の声
  • 遮熱未施工の建物との比較

等々、工場内を見学いただきながら、オーナー様よりお話いただきます。

 

□場所

宇都宮工業株式会社 様 本社工場
(住所:愛知県豊川市大木町柏木2番地1)

 

□タイムスケジュール

10:15~ 受付(現地集合)
※当日はスタッフが駐車場、受付等の誘導をさせていただきます

10:30~ 工場内見学・オーナー様よりご説明

11:45~ 質疑応答

12:00  現地解散

 

□新型コロナウイルス感染症拡大防止対策について

  • マスク着用及び咳エチケットの励行にご協力お願いいたします
  • サーモグラフィーを用いた検温を実施し、37.5 度以上の方は原則として参加をお断りさせていただきます
  • ウイルス感染の可能性のある方、体調のすぐれない方はご参加をお控えください
  • 受付時の手指の消毒にご協力をお願いいたします

※新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため厚生労働省のガイドラインに沿って対策をとります

 

定員

5社

※先着順とさせていただきます
※同業者のご参加、お申し込みはお断りさせていただきます
※詳細に関しましてはお申込みいただいた方へ直接ご連絡させていただきます

 

※社内回覧等にお使いいただけると幸いです

遮熱工場体感ツアー チラシ 社内回覧にお使いください!
※画像をクリックするとpdfファイルをダウンロードできます

 

 

□申込方法

下記の申込フォームより必要事項をご記入ください。
(※印は必須項目となります)
※締め切り:7月30日

 

お問合わせ内容 (下記のいずれかを選択してください)
御社名
ご担当者名
予備日参加有無
参加人数
メールアドレス
ご連絡先
ご住所 郵便番号   
都道府県   
市町村以下  
質問事項・その他ご要望
上記入力内容と、こちらの個人情報の取扱を確認し、チェックを入れてから「送信」をクリックしてください。
※確認画面は表示されません。

 

弊社の暑さ対策、熱中症対策の施工実績はこちらのページよりご覧いただけます。
工場・倉庫の暑さ・熱中症対策工事

[連載1]コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策

弊社は、工場の暑さ・寒さ対策工事を専門に行っている会社です。

今回はコラムという形で「コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ熱中症対策」に関する記事を書いていきます。

これまで弊社が培ってきた技術と経験から暑さや熱中症等でお困りの企業様に向けて、少しでもお役に立てればと思います。また工場の工事となると、設備投資として大きな費用がかかります。工事ではなく、すぐに行える暑さ対策に関しても合わせて書いていきます。ご参考になれば幸いです。

本コラムは5~6記事を予定しています。最新記事の掲載情報は、SNS等でお知らせいたしますので、こちらのアカウントをぜひチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

【トピック】
●3つの密を避けましょう
●真夏の暑さが心配です
●ECO遮熱工法®で建物自体の性能を向上させませんか?

 


●3つの密を避けましょう!

新型コロナウイルスの集団発生防止の観点から、3月28日に厚生労働省より「3つの密を避けましょう!」という呼びかけがありました。

  1. 換気の悪い密閉空間
  2. 多数が集まる密集場所
  3. 間近で会話や発声をする密接場面

この3つの条件がそろう場所がクラスター(集団)発生のリスクが高いとされています。3密を避けた行動をとるように呼びかけはありますが、それができない業種もあります。

特に「製造業」。人手が必要な生産ラインでは、3密の可能性が高くなる工程や人員配置の見直しを行っているそうです。

 


●真夏の暑さが心配です

総務省の発表によると2019年5月~9月の「熱中症による救急搬送状況」は71,317人でした。昨年の数値(95,137人)と比べると、23,820人減となっていますが、過去6年の推移をみても、上昇傾向にあると判断できます(資料1参照)。

 

 

 

今回取り上げている「製造業」に関しても、熱中症による死傷者数は建設業についで2番目に多い数値となっています(資料2参照)。

 

 

これから夏に向けて、だんだんと工場の中が暑くなっていきます。おのずとエアコンを使う機会が増えてきますよね。そこで気になるのが、「1.換気の悪い密閉空間」です。

「密閉」空間にしないためにこまめな換気が必要になってきます。

 

 

換気によって冷気も一緒に外へ出してしまうため、エアコンの効率は、グっと落ちてしまいます。光熱費の増大は必至。これは冬もしかりです。これは、夏場のエアコンの使用を控える方向に進むのではないでしょうか。

 


●ECO遮熱工法®で建物自体の性能を向上させませんか?

「新型コロナウイルスによって、エアコンの使用が難しくなるなら、建物自体の性能を向上させませんか?」

太陽からの熱を室内に入れないために、工場の屋根や外壁で熱を遮断する仕様に変えていきましょう。

そうすることで、エアコンを使用することなく、もしくはスポットクーラーや扇風機を数台設置するだけで快適な工場に変えることができます。

 

 

弊社の取り組んでいる工場の省エネリフォームECO遮熱工法®では、屋根や外壁の性能を向上させ、経費削減&省エネ/従業員の労働意欲・作業効率の向上を実現します。

施工事例⇒https://www.e-yane.net/archives/category/results/results-eco

 

 

この工法は、冬でも効果を発揮します。室内の熱を逃がさず、冷気を遮ることであたたかな工場に生まれ変わらせることができます。
https://www.e-yane.net/archives/5752

空調をつかわずに3密を避けた工場の実現のお手伝いをさせてください。これを機会に古い屋根をリフォームして、一石二鳥、三鳥の設備投資をしてみませんか。新型コロナウイルスで様々なことが自粛となっていますが、暑い夏、寒い冬は必ずやってきます。それまでに、対策を!

 

 

予告

次回以降掲載予定のコラムを簡単にご紹介。

  • 毎時2回以上の換気について
  • エアコンで換気はできない?!
  • 今すぐにできる暑さ対策とは?
  • 暑さだけしのげばいいのか?
  • 2,3年続くことを見越した対策について

新たな情報が入れば、適宜追加変更していきます。

 

 

ご質問などございましたら、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

 

連載

2020.5.18 01 コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策
2020.5.27 02 コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策~「換気」
2020.5.30 03 コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策 ~「エアコンと換気」

8月24日(金)「工場・倉庫のミカタ。来年の夏快適に過ごす為の暑さ対策セミナー」を開催いたします!

◎弊社主催:
「工場・倉庫のミカタ。来年の夏快適に過ごす為の暑さ対策セミナー」を開催いたします!!

《日時》
2018年8月24日(金) 参加費:無料

14:00~開場・受付
14:30~説明会
16:00~質疑応答
16:15 閉会

 

《弊社主催》
-講師-
・暑さ対策アドバイザー
 住田良平(有限会社伊藤鈑金工作所)
・一般社団法人環境マテリアル推進機構
 環境広報部 担当者

《場所》
じばさん三重 2階 研修室4
(三重県四日市市安島1-3-18) 
※1 近鉄四日市駅から徒歩5分
※2 なるべく公共の交通機関をご利用ください。
※3 お車でお越しの際は、ララスクエア様の駐車場をご利用ください。
 
《内容》
・弊社の“暑さ対策”工事について
・暑さ対策には遮熱が大事
・3種類の熱の伝わり方について ・体験キットを用いた遮熱の説明・弊社施工実績 等々
《こんな方に来てほしい!》
・工場・倉庫のオーナー様
・労働環境を改善したい方
・熱中症被害を減らしたい方
・夏場の光熱費を抑えたい方
 
*ネットで検索をすると、様々な 「暑さ対策」 が見つかります。「何が効果的なのか」
「HPを見てもよくわからない」等々、情報があり過ぎるため迷っていらっしゃる方も
多いのではないでしょうか。
今回の説明会では、弊社が自信を持って提供している「暑さ対策」 がどのような方法か、
またどのような効果が出るのかを知っていただき体感していただきたいと思っています。
 
「2018年の夏は過去最高に暑い」とニュースで報じられていましたが、来年の夏も同じように
暑くなるでしょう。来年の夏に向けて「暑さ対策」を一緒に考えませんか?
《申し込み方法》
こちらの「暑さ対策セミナー申し込みフォーム」に必要事項をご記入の上、お申し込みください。
お問い合わせ内容 (下記のいずれかを選択してください)
御社名
ご担当者名
参加日

7月23日(火)8月24日(土)
参加人数
メールアドレス
ご住所 郵便番号   
都道府県   
市町村以下  
ご連絡先 お電話   
ファックス 
このセミナーを知ったきっかけを教えてください 弊社ホームページ弊社メルマガfacebookInstagram折込チラシ中部経済新聞その他新聞その他
セミナー内容、聞きたいこと知りたいこと等ご記入ください
上記入力内容と、こちらの個人情報の取扱を確認し、チェックを入れてから「送信」をクリックしてください。
※確認画面は表示されません。

施工実績018 工場・事務所の暑さ対策工事(ECO遮熱工法®)|愛知県

お客様からのご要望

・夏の暑さ対策
・耐久年数のある工法、材料でやってほしい

 

工事概要

施工期間:約1週間
施工面積:345㎡
建物用途:工場・事務所
工事場所:愛知県名古屋市

 

お客様の声

昨年の夏は作業場の環境が大きく変わり、スポットクーラーの効き目に不満だった作業員が不満をもらすことなく、時にはスポットクーラーを使用することなく作業をしていました。作業効率がよくなり、おかげで昨年の夏の電気使用量は7%削減することができました。
メッセナゴヤ2014で遮熱工法のブースを数か所、見させてもらい、説明を聞いた中で伊藤鈑金さんに決めたのは、20年スパンでのトータルコストと遮熱効果に優位性を感じたからです。1回目の夏を経験しただけですが間違ってなかったと思いますし、5回目・10回目の夏を経験した時はお願いしてよかったと思えることと感じています。

 

温度計測

ECO遮熱工法®で施工をした箇所と施工をしていない箇所の屋根裏面温度をサーモグラフィーカメラを使って測定しました。 (4月23日 14時頃測定  外気温:25℃) 
未施工箇所の屋根裏面温度は59.3℃でした 施工済み箇所の屋根裏面温度は24℃でした
【未施工箇所】

屋根裏面温度:59.3℃

【施工済箇所】

屋根裏面温度:24℃

温度差 約35℃
ECO遮熱工法®で施工した箇所は、外気温と同じくらいの温度になっています。また、施工していない箇所は、太陽からの熱が既存の屋根材を経由して室内へ伝わるため裏面温度が59.3℃まで温度上昇していました。
遮熱材によって暑さの原因である「輻射熱」が反射されるため、施工後は暑さを感じることなく以前よりも快適な作業環境に変わりました。「お客様の声」で書かれているようにクーラーの使用が減り、電気代の削減や従業員の方の作業効率のUPにも繋がりました。

 

ビフォー&アフター

既存はスレート大波でした ガルバリウム鋼板で重ね葺きしました
【ビフォー】

既存屋根はスレート大波でした。

【アフター】

新しく上から重ね葺きした屋根は、カラーガルバリウム鋼板(シルバー焼付塗装)の屋根材「やまなみ」

既存のスレート屋根の写真です 施工後の屋根写真です
【ビフォー】

 

【アフター】
一部棟違いの箇所があり、そちらの壁にも遮熱工法で施工しました。 壁はスレート小波でしたit5.5 ガルバリウム鋼板で重ね葺き完了
【ビフォー】
一部棟違いの箇所があり、そちらの壁にも遮熱工法で施工しました。
壁はスレート小波でした
【アフター】
カラーガルバリウム鋼板

 

◆施工中の様子  
踏み抜き防止のため安全ネットを敷き込みます レッカーを使い屋根材を荷上げします
踏み抜きによる落下を防止するため、まずネットを敷きこみます。
安全対策としてスレート屋根での工事では欠かせない作業です。
レッカーを据えて屋根材の荷上げ作業
遮熱材リフレクティックスの施工 屋根の重ね葺きをしている様子です
遮熱材リフレクティックス施工 屋根の重ね葺き

 

弊社担当者より

担当者名:住田 良平

メッセナゴヤ2014にて弊社ブースにお立ち寄りくださり工事のご依頼をいただきました。施工前は、加工機の熱と屋根からの熱で室温が40℃程でした。また、熱い空気が体にまとわりつくような感覚があり建物内は非常に暑く感じました。
お引き渡し後の7月末に温度測定のため再度伺ったところ、裏面温度の違いも大きくしっかりと効果を発揮していましたし、従業員の方には、「昨年より涼しくなった、この夏はまだクーラーをつけていませんよ」との言葉をいただき効果を実感しました。今回の改修工事を通して、従業員さんにとって働きやすい環境づくりに貢献でき大変うれしく思います。

 

お客様の声~2年後より~

工事後2年が経ち、お客様より改めて感想をいただきました。

※上記内容です。

施工後2年が経過しましたが、夏の暑さ対策に期待以上の効果を実感しています。
施工前は熱風にも感じられて使用しなかったスポットクラーラーが、
今は必要を感じなくて使わない日があるぐらいの違いです。
本当にやって良かったと思います。
                           (2017年4月)

ご検討中の建物屋根がスレート屋根の方は、ぜひこちらのページも合わせてチェックしてみてください。