[連載3]コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策 ~「エアコンと換気」

こんにちは。暑くなれば、熱中症を意識する方は増えますが、一番危険なのは実は今ぐらいの季節の替わり目なのではないかと、最近気づきました。

 

さて、連載3回目は「エアコンと換気」について。
前回の内容にも繋がっているので、読まれていない方はそちらも合わせてぜひ、目を通してみてください。

 

これまでのコラムはこちらからご覧いただけます。
2020.5.18【連載】コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策
2020.5.27【連載】コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策~「換気」

 

【トピック】

●夏場のエアコン
●エアコンは空気を入れ替えていない?!
●換気をしましょう
●窓開けっぱなしの工場

 


●夏場のエアコン

 

これからだんだんと暑くなっていくと使用頻度が増えていくのが、「エアコン」ですよね。

業務用エアコン(天井カセット型)

 

今回のシリーズで特に取り上げている工場や倉庫でも同様に、これから使用が増えていくでしょう。また、例年続く、酷暑の夏に向けて、冬から春にかけて空調機の導入をされた企業様も多いのではないでしょうか。

 


●エアコンは空気を入れ替えていない?

 

今回は、前回の換気の内容に加えて「エアコンと換気」についてお話していきます。

 

エアコンは空気を入れ替えていません!

 

厳密には、換気機能のあるものもありますが、一般的にはエアコン自体に換気機能は付いていません。

エアコンから風が出てきて、外と中がダクトでつながっているようにみえるので、なんとなく「エアコンが換気もしてくれている」と思っている方は多いのではないでしょうか。

エアコンは、室内機と室外機、それぞれにある「熱交換器」によって空気を冷やしたり、温めたりしています。その空気を内蔵されているファンの力をつかって、室内に戻しているだけなので、エアコンが室内と外の空気を入れ替えているわけではないんです。

 


●換気をしましょう

 

構造上、エアコンは室内の空気を熱交換器によって、冷やしたり温めたりしているので、エアコン使用によって空気は汚れません。ですが、そこを使う作業員の方々から発生する汚染物質(前回参照)は時間の経過とともに空間にたまっていきます。

エアコンを使い、閉め切った工場内では、換気扇を使うか、もしくは窓をあけるなどして換気をしていかなければいけません。そうなると、せっかく適温にした空気が外に出て行ってしまうので、換気が終わったときに再度、エアコンを使って、適温まで戻すという作業が必要になります。効率が非常に悪いです。

エアコンの導入を積極的に進めていらっしゃる企業様には、ぜひこの換気のことを重々承知の上で、使用いただきたいなと思います。エアコンの効率が落ちることで、いくら省エネ対応のものを設置していたとしてもランニングコストが平年以上になることも考えれます。

 


●窓開けっぱなしの工場

 

ECO遮熱工法Ⓡを導入いただいた企業様からの話では、5月に入り徐々に暑さが厳しくなってからも、基本的には、マスクをし、窓を開けっぱなしで作業を行っているとのことでした。3密、空調コストの観点から、今後エアコンが使いづらくなりますが、幸い、この春まででECO遮熱工法Ⓡにて施工済の工場では、窓を開けっぱなしの状態でも十分快適に作業ができているそうです。

 

扇風機やスポットクーラー、業務用エアコンの需要が増える時期ではありますが、対策として、建物自体の性能を向上させることが重要であると、お客様の声から実感しております。

 

 

 

 

予告

次回以降掲載予定のコラムを簡単にご紹介。

  • ECO遮熱工法Ⓡとは
  • 今すぐにできる暑さ対策とは?
  • 暑さだけしのげばいいのか?
  • 2,3年続くことを見越した対策について

新たな情報が入れば、適宜追加変更していきます。

ご質問などございましたら、お気軽にご連絡ください。
お問い合わせはこちら

 

連載

2020.5.18 01 コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策
2020.5.27 02 コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策~「換気」
2020.5.30 03 コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策 ~「エアコンと換気」

[連載2]コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策~「換気」

5月25日に気象庁より3か月予報が発表されました。
東海エリアの平均気温は「高い確率50%」との予報

年々、夏が暑くなってきていることを実感しますが、今年の夏も暑くなりそうです。

 

さて、前回に続き、「コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策」について。

今回は「換気」について書かせていただきました。

今回のテーマ「換気」です。工場の換気設備といえば、ベンチレーター。これは建物内の空気を排気するための機械で、自然換気式と強制換気式がある

 

前回のコラムはこちらからご覧いただけます
2020.5.18【連載】コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策

 

【トピック】
換気をしましょう
そもそも換気とは?
換気回数は毎時2回以上

 


●換気をしましょう

政府は「3つの密(密閉・密集・密接)」を避け、建物内に風の流れをつくり密閉空間を作らないために、窓がある部屋では

・2方向の窓を、1回、数分間程度、全開にしましょう。換気回数※は毎時2回以上確保しましょう
・窓が1つしかない場合でも、入口のドア開けてドアの窓の間に空気を流す。扇風機や換気扇を併用しましょう

と呼びかけています。

参考ページ:厚生労働省

※換気回数:部屋の空気がすべて外気と入れ替わる回数

サッシメーカーのYKK AP株式会社様のページにて、換気のメカニズム、換気の方法等わかりやすく掲載されています。ご参考までに。⇒窓がポイント! 住まいのじょうずな換気方法

 

 


●そもそも換気とは?

そもそも「換気」とはどういうことをいうのでしょうか??

 

【換気とは】
部屋などの空気を入れかえること。部屋の中にある汚染物質を薄めたり、外に出して、新しい空気を入れること。

 

【汚染物質(人間に対して悪い物)とは】
⼆酸化炭素(CO2)、⼀酸化炭素(CO)、ホルムアルデヒド(HCHO)、ハウスダスト、花粉、細菌、ウイルスなどがあります。

 

有圧換気扇(電気工事が必要)。強制換気の一つ

 

換気をせず、何もしなければ、部屋の中にそういった汚染物質がどんどんたまっていくことになります。また、そこで作業をする人数が多ければ多いほど、発生する汚染物質は増えるので、汚染物質がたまっていくスピードも早まります。

 


●換気回数は毎時2回以上

はじめに書いた「換気回数は毎時2回以上確保」という政府からの呼びかけ。

これを読んで、初見では「1時間に2回窓を開け閉めしたらいいんだな」と感じました。
間違いではありませんが、それでは足りないと感じました。

住宅の場合であれば、数分間程度で大丈夫かもしれませんが、工場などでは、作業をしている人数が多く、また空間が大きいため、汚染物質がたまりやすく、また空気が入れ替わるのに時間がかかってしまいます。

・換気の回数を増やす
・換気の時間を長くとる
・換気扇を設ける(設備投資)
・窓などの開口を開けっ放しにしておく(常に空気を入れ替えている状態)

換気の数や長さに関しては、工場の管理をされている方の積極的な呼びかけが必要ですね。

 

 

コロナが終息するまで、2,3年はかかると言われています。これからはコロナと共存しながら、積極的な対策を行いながら、工場を稼働させていきたいものです。

なおかつ、これからやってくる暑さや寒さに対してもしっかりと対策も取っていきたいですね。

対策の一環として、弊社が一番におすすめしているものは、こちらのコラムの初回にご紹介しましたECO遮熱工法Ⓡです。次回以降で詳しくお話しできればと思います。

 

まだ初回をご覧になっていらっしゃらない方はこちらもぜひご一読ください。

[連載01]コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策

 

 

予告

次回以降掲載予定のコラムを簡単にご紹介。

  • エアコンで換気はできない?!
  • ECO遮熱工法Ⓡとは
  • 今すぐにできる暑さ対策とは?
  • 暑さだけしのげばいいのか?
  • 2,3年続くことを見越した対策について

新たな情報が入れば、適宜追加変更していきます。

ご質問などございましたら、お気軽にご連絡ください。
お問い合わせはこちら

 

連載

2020.5.18 01 コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策
2020.5.27 02 コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策~「換気」
2020.5.30 03 コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策 ~「エアコンと換気」