[ブログ]暑さ対策はまず屋根から|愛知県豊田市の工場からご相談いただきました

兵庫県で遮熱工事をさせていただいてから、早1年が経ったんですね。

さて、沖縄が梅雨明けしたようですが、こちら三重県はまだまだこれからです。明日から雨天が続くと予報で出ていました。「蒸し暑い方が熱中症になりやすい」と言われていますが、皆さん気をつけてくださいね。

水分補給はもちろんですが、涼しい風を浴びるのも必要ですよ。湿度が高いと、汗が蒸発してくれないので、体がうまく冷えないんですよ。

 

ECO遮熱®関連の近況をお話させていただくと、先日は愛知県豊田市の企業様から「工場の暑さ対策」のご相談をいただき、現地調査⇒ご提案させていただきました。

大波スレートの屋根
サーモグラフィーカメラで屋根裏面温度を測定

屋根裏面の温度を測定すると、41.2℃

まだ本格的な暑さ到来ではないので、7月半ばになれば、この温度が50~60℃までいきます。それだけ、太陽からの熱を屋根は受けてるということです。

 

太陽から屋根に熱が伝わり、屋根からじわじわと作業エリアの高さまで熱が降り注がれるので、何も対策をしていない工場ですと、暑さをものすごく感じることになります。

 

御社の工場はもしかすると、外から工場に入った時、もわっとした空気が体にまとわりつくんじゃないですかね??

 

暑さ対策をご検討中の方から、「外壁も工事した方がいいでしょうか」と質問を受けますが、「まずは屋根。屋根にECO遮熱工法®を施工して体感してみてください」とお伝えしています。

暑さ対策はまず屋根から

上からの熱をなくすことで、夏場の暑さは相当軽減されます。

 

 

感想コメントいただきました

先日、2年前に工事させていただいた企業様から感想のコメントをいただきました。施工事例に追記しましたので、こちらもあわせてご覧いただけると幸いです。

お客様の声をいただきましたー2年後ー