[ブログ]工場内の温度を一定に保ちたい

先日、「暑さ対策」のお問合せいただき名古屋へ現地調査に行ってきました。

屋根の上での採寸は細心の注意を払わないといけません。特にスレート屋根では踏み抜きの危険性があるため、鉄骨のある箇所しか歩いてはいけません。

 

現場は金属加工の工場で、工場内はたくさんの加工機。

本格的な夏が来る頃には、工場内の熱源(加工機)と太陽の熱で中で作業する方は暑くてたまらないだろうなと感じました。

夏場の空調は、全体を冷やすエアコンと局所的なスポットクーラーを併用されているとのことでしたが、空調をつけていても暑く、毎年空調費が非常にかかっているとのことでした。

また、社長様から「なるべく温度を一定に保ちたい」ともご要望ありました。

お伺いした工場は数棟が連なっている工場で、今回ご相談いただいているところは精密な加工が必要な作業エリアだそうです。その為、工場内の温度管理にも注意を払うそうです(熱膨張による誤差が起こってしまうため)。

 

現地調査に伺うたびに、その工場や倉庫がどのように使用されていて、現状どのような問題があり、どんな想いでお問い合わせいただいたのか等々、考えるきっかけになります。

一口に「暑さ対策」と言っても、様々な視点があるんだなと改めて感じました。

ご依頼いただいた企業様のお役に立てるよう、ご要望をしっかり汲み取った提案をしたいと思います。

また報告します。

 

 

 

工場・倉庫の暑さ対策に【ECO遮熱工法®】

酷暑の夏でも涼しい工場はあります!ぜひ、ご相談ください。