「ECO遮熱®工事を施工して、冬は寒くなりませんか?」というご質問を受けて

今回は、企業様と商談をした際に、ご質問をお受けした内容について書いていきます。

 

ECO遮熱®工事をすると冬は寒くなる?!

酷暑、熱中症被害急増、光熱費増等々、“暑さ”による弊害がここ数年、大きく取り上げられていますので、発信する内容は、「暑さ対策としてのECO遮熱工法®」についてが多くなりがちです。

愛知県名古屋市 ダンボール加工工場(施工実績より)

先日こういった質問をいただきました。

「ECO遮熱®工事をして冬は寒くなりませんか?」

これは感覚的なものなのでしょうか…??

ECO遮熱®工事をすると、施工前に比べて屋根や外壁からの熱が入ってこなくなります。

これにより、「冬場は寒いのでは?」という印象を持たれているのかなと感じました。

 

「熱が入ってこない」というのは事実ですが、これは逆も言えます。

 

「建物の中で発生した熱が外に出ていかない」

例えば、加工機械など、熱を出すような機械があれば、その熱は外に出ることなく工場内を温めてくれます。冬場は特に。温まる効率が上がります。

 

「冷気が入ってこない」

さらに言うと、特に、″朝方の工場内”は以前よりも暖かく感じると思います!

夜間、放射冷却によって屋根や外壁が冷やされ、その影響で工場内は寒くなり、機械も動きづらくなりますよね。朝早くに出社して、暖機運転をしているような工場では、その作業が必要なくなるかもしれません。

 

兵庫県 アルミ鋳造・加工工場(施工実績より)

聞いた話では、ある工場では暖機運転に半日使うため、午前中は生産ストップしているとのこと。午後からの半日しか機械を動かせないとすると、かなりの機会損失だなと感じます。

暖機運転がなくなれば、冬場の生産量が落ち込むこともなくなりますね!

 

ということで
ECO遮熱工法®は冬場の対策としても効果抜群ですよ!!

ということをお伝えしたいと思います。

 

 

 

関連記事

[ブログ]冬にこそ効果を発揮!寒さ対策としてのECO遮熱工法®を実感|アフター訪問

 

[ブログ]冬こそ遮熱!

冬こそ遮熱!

そう思います。

もともと遮熱材リフレクティックスは寒冷地のカナダ発祥。寒さに強い建築材料なんです。

ECO遮熱工法®で施工した工場なら工場内の熱源(加工機械など)があれば、冬は暖かく過ごせます。

「外部の冷気を反射して、室内の暖気を外に出さない」

 

取り扱う材料や製品によっては、製品の品質管理上、材料を冷やしてはいけない工場があります。

以前、弊社で工事をさせていただいたところで、材料を冷やさない為に材料を扱う場所で常に暖房をかけている工場がありました。

遮熱工事をする前にサーモグラフィカメラでその空間の外側の壁を測定すると壁は真っ赤になっていました。
これは、せっかく暖めた熱が外部へ逃げているということです。

工事後、再度測定してみると、熱の外部への流出を防げているのが確認できました。

左が遮熱工事済みの壁/右が遮熱工事していない壁

熱のロスがなくなり、大幅な空調費削減につながりました。

「遮熱=夏のもの」というイメージがありますが、寒さにも効果的な「遮熱材リフレクティックス」、「ECO遮熱工法®」です。

伊藤鈑金としても、寒さでお困りの方へぜひご紹介したいです!

本格的に寒くなる前にぜひ一度ご相談ください。

メッセナゴヤにブースを出展するので、ご興味もたれた方は、ぜひお立ち寄りください!!