[ブログ]事務所棟のECO遮熱Ⓡ工事着工|三重県津市

以前、現地調査に伺った三重県津市の事務所棟にてECO遮熱Ⓡ工事がスタートしました。

滋賀県の現場と並行して工事を進めている状況です。本格的な夏到来までにはこちらも引き渡しできそうです。

 

遮熱材リフレクティックス

 

まずは、遮熱材リフレクティックスを古い屋根の上に敷きこむところから。

今回の建物は”折板屋根”という屋根。こちらの屋根は鉄板の屋根で、よっぽど古くてサビが酷い状態でなければ、踏み抜く心配はありません。

 

遮熱材を敷く前の屋根。これが折板屋根です。ギザギザしているのが特徴。

 

ちなみに、スレート屋根の場合は、万が一の踏み抜きに備えて、何よりもまずはじめに「落下防止用ネット」を屋根の上に敷いてから作業をスタートさせるんです。

 

 

さて、夏までのECO遮熱Ⓡ工事はこれが最後になりそうです。

9月中旬程までECO遮熱工事は休工に入ります。なぜかというと、作業をする職人が熱中症で倒れてしまうから。太陽の熱を99.9%反射するリフレクティックスですから、その上で作業をしている職人はその熱をもろに受けています…。

確かな効果があるからこその”お休み期間”です。

 

こういったコラムも書いておりますので、よろしければご一読を。
真夏は休工の暑さ対策工事《コスト削減のため、涼しい時に工事をさせてください!》

 

 

滋賀県も三重県津市の現場も、随時進捗更新していきます!!

長雨続きで、気分が滅入ってしまいますが、皆様くれぐれもご自愛ください。

 

 

 

***遮熱工場体感ツアー参加者募集中です***

 

ECO遮熱Ⓡ工事を行って建物とそうでない建物でどれくらいの差があるのか。

ぜひ、御社の工場とも比較いただきたい。きっと違いに驚くはずです!!

 

日時:2020年7月28日(火) 場所:愛知県豊川市

詳細は下記のリンクをチェック!!!

遮熱工場体感ツアーのお知らせ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真夏は休工の暑さ対策工事《コスト削減のため、涼しい時に工事をさせてください!》

今年の夏、涼しい工場で、涼しい事務所でお仕事をしてもらいたい!
暑い夏がくる前に・・・と、いつもそんな願いでおります。

 

そこで、いつもこの時期にお伝えしているのが 

暑さ対策(遮熱工事)は「涼しいうちに工事やりませんか?」

 

暑い時期は、作業効率が落ちてしまいます。

暑さ対策工事(遮熱工事)はリフレクティックスの反射でものすごい照り返しと暑さ。

▲実際の様子
 
スレート屋根に遮熱材を敷く作業は
室内側に熱が入っていかない分、外側にいる職人に跳ね返ってきます。とても過酷です。
気温の上昇とともに、その過酷さが増していきます。
 
▲敷き終えると、一面銀世界(リフレクティックス)が広がります。

 

現場での様子がこちらです。

弊社では、7月後半から9月中旬の期間には、暑さ対策工事を行っておりません。

打ち合わせの際も、「この期間は休工としておりまして」とお伝えして、
夏までに間に合わない分は、秋以降に工事をずらしていただいております。

 

さらに、夏が近づくと、ご依頼が集中するので、すぐに工事に伺えないことがしばしば…

弊社では、秋~冬の涼しい時期を『遮熱工事推奨月間』として、工事を進めていきます。

  • ご希望の日程で調整がしやすくなる
  • 作業効率が上がり工期の短縮が可能⇒コストを下げられる
  • 遮熱工事は冬の寒さ対策にもなる

この機会に、ご検討をお願いいたします。