[ブログ]製造工場の暑さ対策のご相談。現地調査へ|三重県四日市市

8月下旬のまだまだ残暑厳しい時期(10時 外気温 29.1℃)に、四日市市内にある製造工場へ現地調査に伺いました。暑さ対策のご相談です。

 

折板とスレート

 

工場の屋根。折板屋根です。
折板屋根

 

折板屋根とスレート屋根の2棟の工場をチェックさせていただきました。

 

工場の屋根。スレート屋根です。明り採りは熱が入ってきやすいので暑さ対策としては、塞いだ方がいいです。
スレート屋根。明り採りは熱が入ってきやすいので暑さ対策としては、塞いだ方がいいですね。

 

先日、お見積りも提出。ご検討いただいております。来年の夏に向けて、ご協力できればと思います。

これから涼しくなっていく季節です。夏の暑さがなくなる分、職人の負担もかなり減って、工期短縮につながります。その分、ご依頼いただいた企業様へ還元できればと考えております。

暑さ対策をするなら、今の時期が一番です。ぜひ、ご検討ください!!!

 

 

秋、冬に遮熱工事をするメリット

メリットは工期短縮以外にもあります!

弊社がお勧めしているECO遮熱工法®は冬の寒さにも効果的なのです。

ご参考までに。

「ECO遮熱®工事を施工して、冬は寒くなりませんか?」というご質問を受けて

 

 

 

スレート屋根の事例

 

折板屋根の事例

 

 

現地調査のご依頼はこちらから

お問い合わせ

 

 

[ブログ]プレハブ休憩所をECO遮熱Ⓡ工事で快適に!|三重県四日市市

工事現場などで見かけるこのプレハブの建物。
ここは工場の従業員さんたちの休憩所として使われています。

今回、こちらの休憩室をECO遮熱Ⓡ工事で
快適な休憩所にリフォームするご依頼をいただきました。

プレハブの休憩所(工事前)

簡易的なつくりの建物なので、断熱材や遮熱材などの「建物の暑さ寒さを和らげるもの」がもともと十分には備えつけられていません。

エアコンは設置済みですが、梅雨が明けて、一気に気温が上昇した四日市。
この暑さでは、なかなか冷えてくれません。

エアコンはありますが…

工事前に、天井表面の温度を測定にいきました。

8月上旬14時頃

天井の表面温度をサーモグラフィーカメラで測定すると

52.4℃(この時外気温32℃)

体感としても、非常に暑く、測定中は汗が噴き出してきました。

 

施工規模としては、5m×2.5m。普段行っている工場に比べると、小規模で1日で完了できるので、休工期間ではありますが、工事進めます。

これからまだまだ暑くなっていきますし、休憩室で熱中症にならないように、早めに工事完了させていただきます!!

 

暑さ対策、熱中症対策でお困りの方、ぜひご相談ください!!

お問い合わせ

 

[追記]

遮熱工事完了後に、天井を再度測定しました。

32.7℃(この時外気温30.1℃)

8月上旬14時半頃(施工後)

温度差⇒19.7℃

 

こちらの現場では、休憩所以外にも工事をさせていただいおりまして、早速職人の休憩場所として、使わせていただいております。めちゃ涼しいです!!!(現場の職人&ブログ担当 談)

[ブログ]高反射率リフレクティックスを施工

三重県四日市にて先週土曜日から暑さ対策工事がスタートしました。

 

 

温度差‐20℃の理由は熱反射率99%の遮熱材のおかげ

弊社の暑さ対策工事は、遮熱材と2重屋根で施工したECO遮熱工法®によるもの。

 

特に、弊社で使用する遮熱材リフレクティックスは熱反射率99%で、輻射熱を建物内部に入れない。

こちらの現場は三重県四日市市のプレスチック加工工場の屋根を施工中の動画です。まずは高反射率の遮熱材リフレクティックスを既存の屋根の上に敷きこんでいきます。見てのとおり、照り返しが物凄くまぶしいです。職人によってはサングラスをつけて作業をしている者もおります。この日は特に快晴でしたのでなおさら。

 

7月、8月の施工になると、このまぶしさに、太陽熱の反射がプラスされて施工が物凄く大変になります。サングラスに汗がボトボト・・・。

今の時期の工事のご依頼はとてもありがたいです。効率よくスピーディに工事が進められています!今週は天気が続くみたいですので、細かいところにも気をつけてきっちり施工していきます!

[ブログ]雨漏り修繕「+α」としての遮熱工法|三重県四日市市

前回のブログで書きました事務所の遮熱工事ですが、並行してこちらの戸建て住宅も遮熱工事を進めております。

既存の屋根は金属瓦棒葺きの屋根

 

ご相談いただいたのは、「雨漏り修繕」でしたが、建物の暑さもお困りでしたので、遮熱工事もご提案いたしました。

今回は、屋根のカバー工法(既存屋根の上に新しく屋根をかぶせる)と合わせて、リフレクティックスと空気層を施工した遮熱工法を採用いただきました。

スレート屋根での施工方法とは異なり、木下地を既存の屋根に取り付ける工法です。

既存の屋根の上に、遮熱の層空気層による断熱層を作り、太陽からの熱を防ぎます。

遮熱材リフレクティックスと木下地
工事後 カラーガルバリウム鋼板の屋根です

 

雨漏り改善だけではなく、暑さ対策も同時にできるこの工事は弊社の強みだなと改めて実感しました。

雨漏り修繕+αとして、ECO遮熱工法®をお勧めします!!

 

 

関連記事

HPにも施工事例として掲載しております。こちらもぜひご覧になってください!

施工実績021

[ブログ]工場にてECO遮熱®|三重県四日市市

先日、三重県四日市市にて着工した工場のECO遮熱®工事。

スレート屋根のフックボルトを利用したZeroD-Roof工法にて下地を作り、遮熱材リフレクティックスと屋根材を施工していきます。

夏の施工とは違い、暑さはありませんが、照り返しは相変わらず強烈ですね。

完了まで安全作業でがんばります!

[ブログ]戸建て住宅にて遮熱工法をご採用いただきました|三重県四日市市

戸建て住宅の雨漏りと暑さを同時に解決

リフレクティックスを使って戸建て住宅の雨漏り修繕のご依頼をいただき、セメント瓦を金属製屋根へ葺き替える工事をさせていただきました。

お話を伺うと施主様は「夏の暑さ」もお悩みでした。

2階にある寝室が夏場はものすごく暑くなるとのことで、今回は遮熱材リフレクティックスと空気層を取り入れた遮熱方法をご提案しました。

住宅ではありますが、弊社の得意とする工場や倉庫の暑さ対策工事と考え方、施工手順はかわりません。きっちり工事できたので暑さ対策ばっちりです!

 

工事概要

【施工のきっかけ】

  • 屋根からの雨漏りをどうにかしたい
  • 夏の暑さを軽減したい

【工事概要】

  • 既存セメント瓦の撤去
  • 下地やりかえ(空気層を作る)
  • リフレクト工法による遮熱工事
  • 雨樋調整
  • 雪止め金具取り付け

【建物概要】
構造:木造2階建て
屋根面積:115㎡
既存屋根:セメント瓦

【施工期間】
約1週間

 

戸建て住宅の遮熱工事(工事の様子)

施工前はセメント瓦の葺いてある屋根でした
ウィンチを使って瓦下ろし。セメント瓦を下ろし、野地板の状態にしてから下地を造作しました。
セメント瓦と防水シートを撤去すると野地板が見えてきます
遮熱材リフレクティックスを施工し、空気層と屋根下地(コンパネ)を造作しました。
空気層には断熱の効果があり暑熱対策に効果的です
仕上げ材は、たて葺き屋根(ロックルーフ・ブラック)を葺きました

 

瓦から金属屋根になり、雪がすべり落ちやすくなったことと大屋根のすぐ下が歩道ということで今回は、軒先に雪止め金具を取り付けました。

ロックルーフの嵌合(かんごう)部分に設置/嵌合:山と山が重なってはめ合っている箇所

 

こちらのお家は総二階建てで寝室が居室が2階エリアに多いため、夏場は屋根からの熱が屋根→屋根裏→部屋へと伝わっていました。屋根で太陽からの熱を遮断できるので、夏場も快適に過ごしてもらえそうです!

夏が楽しみです!!