[ブログ]冬にこそ効果を発揮!寒さ対策としてのECO遮熱工法®を実感|アフター訪問

今年の春先に全面(屋根、外壁)の遮熱工事をさせていただいた工場へ、冬のアフター訪問に伺いました。

8月にも伺いましたが、冬の効果(寒さ対策)がどれ程か体感できました。

というのも、こちらの工場は、夏の暑さもそうですが、冬とても冷え込む地域に立地しており、もともと暑さ以上に寒さでお困りだったのです。

工場の方に話を伺いました

先日、朝方に温度計で測ったところ
外気温が4℃の時に、工場内は11℃

良い知らせをいただきました!!

冬も効果をしっかり発揮していますね。

施工前は底冷えや暖機運転が必要だったこの工場でしたが、遮熱工法によって冷気を入れない工場に変わりました!!

 

今回は、遮熱工事の施工前後で実際数値がどれだけ変化したかを計測するため、工場内に温度計を設置。1時間ごとの温度データを約3ヶ月程記録していきます。

サーモクロンという測定器

 

これからますます寒くなっていきますので、遮熱済み工場がさらに効果を発揮してくれることでしょう

 

 

関連記事

施工実績020

[ブログ]アフター訪問に伺いました|三重県名張市

[ブログ]工場、遮熱工事~進捗|三重県名張市

 

 

[ブログ]アフター訪問に伺いました|三重県名張市

残暑お見舞い申し上げます。西日本と東日本で暑さが全然違うみたいですね。

三重県は残暑。まだまだ暑い日が続いております。

 

先日は愛知県へアフター訪問に伺いましたが、今回は三重県内の工場へ。

外気温 約30℃(晴れ)
屋根、外壁の状況チェックをして、いつものように屋根裏面温度を測定させていただきました。

 

こちらECO遮熱工法®をやっていないスレート屋根の裏面温度です。
62.2℃まで上昇。屋根下はやはりもわっとしていました。

こちらはECO遮熱工法®施工した屋根の裏面温度です。
33.4℃でした。

残暑厳しい時期ですが、施工済みの工場は涼しく感じました。

冬にもアフター訪問を予定しております。企業様からお困りごとを気軽に相談いただけるよう良き関係を継続できればと思います。

[ブログ]工場、遮熱工事~進捗|三重県名張市

今週は天気がよろしくないようで、なかなか工事が進みません・・・。

さて、三重県名張市のECO遮熱工法®の現場ですが、全面のリフレクティックス施工は完了して現在は仕上げ材の施工中です。

明日、屋根材の残り半分の荷上げが完了しますので仕上げ材の屋根葺き作業に入っていきます。

葺き出すと一気に進んでいくのであっという間だと思います。

 

〔途中経過をハイライトで〕

屋根、外壁を同時並行で工事中。

屋根材を葺く前に安全対策で転落防止ネットを敷きました。スレート屋根は踏み抜きによる事故が多いので、このネット敷きは重要な作業です。

片面だけで約1200㎡ありますので、ネットを敷くのも一苦労でした。

踏み抜きによる落下防止ネット
明かり採り(トップライト)の撤去作業中
明かり採りの撤去時にはビスやホコリが落ちてしまうため 製品等にはブルーシート養生を行いました

屋根からの熱の侵入を防ぐため、オーナー様了解のもと、16個設置されていた明かり採りを全て撤去しました。

 

片面屋根葺き完了です。

仕上げの屋根材張り終え 「ガルバリウム鋼板素地(無塗装板)」を使用

外壁にもリフレクティックスを施工しています。外壁材の下地材(金属ドウブチ)で抑え込み、固定。この後、空気層を作るためのシートを張って角波(カラーGL鋼板)で仕上げていきます。

外壁材を張る前にリフレクティックスを金属のドウブチで抑えています

雨といのかけかえを行いました。

既存の雨といには、泥やコケが所々堆積しており、排水能力が著しく低下している箇所もありましたが、これで、しっかり排水してくれますね!

片面の雨といのかけかえも完了

今週から反対側の外壁も進めています。半分の施工が終わり、足場を解体しました。仕上がりもグッドです!

今週来週とあまり天気が良くないみたいですので、工事の進みが気になりますが残り半分きっちり施工していきます!

 

 

 

追記(関連記事)

施工実績020