[ブログ]製造工場の暑さ対策のご相談。現地調査へ|三重県四日市市

8月下旬のまだまだ残暑厳しい時期(10時 外気温 29.1℃)に、四日市市内にある製造工場へ現地調査に伺いました。暑さ対策のご相談です。

 

折板とスレート

 

工場の屋根。折板屋根です。
折板屋根

 

折板屋根とスレート屋根の2棟の工場をチェックさせていただきました。

 

工場の屋根。スレート屋根です。明り採りは熱が入ってきやすいので暑さ対策としては、塞いだ方がいいです。
スレート屋根。明り採りは熱が入ってきやすいので暑さ対策としては、塞いだ方がいいですね。

 

先日、お見積りも提出。ご検討いただいております。来年の夏に向けて、ご協力できればと思います。

これから涼しくなっていく季節です。夏の暑さがなくなる分、職人の負担もかなり減って、工期短縮につながります。その分、ご依頼いただいた企業様へ還元できればと考えております。

暑さ対策をするなら、今の時期が一番です。ぜひ、ご検討ください!!!

 

 

秋、冬に遮熱工事をするメリット

メリットは工期短縮以外にもあります!

弊社がお勧めしているECO遮熱工法®は冬の寒さにも効果的なのです。

ご参考までに。

「ECO遮熱®工事を施工して、冬は寒くなりませんか?」というご質問を受けて

 

 

 

スレート屋根の事例

 

折板屋根の事例

 

 

現地調査のご依頼はこちらから

お問い合わせ

 

 

施工実績033 アルミ加工工場「夏の暑さ・熱中症対策」(ECO遮熱工法Ⓡ)| 滋賀県

お客様からのご要望

・夏場の暑さが酷いが予算的に空調の設備投資は出来ないので、屋根等で対策をして作業環境を
 少しでも改善したい

 

工事概要

施工期間:約2ヶ月間
施工面積:3,284㎡(既存:スレート屋根)
施工場所:滋賀県(株式会社UACJ金属加工 滋賀工場様

 

温度測定         

測定日:2020年8月上旬 14時頃 外気温:34℃

未施工屋根裏面温度は57.2℃でした

施工済み屋根裏面温度は36.4℃になりました
未施工箇所屋根裏面温度:57.2℃ 施工済み箇所屋根裏面温度:36.4℃

温度差:-20.8℃

 

ビフォー&アフター

施工前はスレート屋根でした ガルバリウム鋼板で重ね葺きしました
既存はスレート屋根 ガルバリウム鋼板で重ね葺き
施工前スレート屋根の写真です 施工後のガルバリウム鋼板屋根の写真です
   
施工前スレート屋根です 施工後ガルバリウム鋼板の屋根です
   
施工前スレート屋根です 施工後ガルバリウム鋼板の屋根です

 

施工の様子

踏み抜き防止のため安全ネットを敷いていきます 屋根施工中の様子です
落下防止のため安全ネットを敷き込み  
レッカーを使い屋根材を荷上げします 下から見た荷上げ作業中の様子です
レッカーを使用し屋根材の荷上げ  
低いアングルから撮影した職人の様子です 屋根材をビス打ちしています
  屋根材をビス打ち
遮熱材リフレクティックスを敷き金属垂木を施工します 遮熱材リフレクティックスの照り返しでギラギラしています
遮熱材リフレクティックスの施工  
安全ネット施工中の職人です 屋根工事が完了しました
  完工!!

 

お客様の声

工場内で作業している人に聞くと工場内の温度がだいぶ変わったとの声も聞きますので、今回の工事によってかなり効果が出ていると思います。
屋根裏面の温度測定によって10℃以上の温度差も出ていますので、作業環境の改善、また熱中症の発症がなくなる事を期待しています。

 

弊社担当者より

今回の工事は、数年前にECO遮熱工法®をさせていただいた企業様のグループ会社での工事になります。
昨今の夏場の暑さにより工場内の暑さが酷く作業環境が悪くなっており、熱中症対策としても暑さ対策を実施していかなければいけないとの事でお問合せいただきました。
今年の長梅雨の影響により、工期がだいぶ伸びましたが真夏前に施工を完了することが出来ましたので、今年の夏の暑さ対策に間に合ってほっとしております。
施工後の工場内に入りますと体感温度がぐっと下がり、ひんやり感じる程になっていますので工場内での作業がこれで捗るかと思います。

 

 

ご検討中の建物屋根がスレート屋根の方は、ぜひこちらのページも合わせてチェックしてみてください。

[ブログ]三重県伊勢市の倉庫にて、暑さ対策工事のご相談|ECO遮熱工法Ⓡ

熱中症対策と対処法

今日の三重県四日市市の最高気温は34.5℃。ギリギリ真夏日です。

外でお仕事をされている方には頭が下がります。現場で工事をしてもらっている職人さんが一番わかっていることとは思いますが、

  • こまめの休憩(日陰、空調のある所など)
  • 水分・ミネラルの摂取
  • 無理しない

など、熱中症対策をぜひ実行してください。

 

ポカリスエットで有名な大塚製薬さんのサイトに「スポーツ時の熱中症」「職場で起こる熱中症」「室内で起こる熱中症」の3つのケースでの熱中症対策について書かれていましたので、リンク載せておきます。

ケーススタディから学ぶ熱中症対策と対処法|大塚製薬

 

三重県伊勢市にて暑さ対策|倉庫案件

三重県伊勢市の倉庫オーナー様より、暑さ対策のご相談をいただき、現地調査・ヒアリングに伺いました。

スレート屋根の建屋は、倉庫として使われているため、常時そこで人が作業をしているわけではありませんが、倉庫を利用されている方からは、「暑すぎるので対策したい!」と。

なんとか、このうだる暑さの中でも、快適に倉庫をご利用いただくために、弊社の暑さ対策「ECO遮熱工法Ⓡ」をご提案させていただく予定です。お見積りと一緒に最新事例などをまとめた提案書も作成中。

 

スレート屋根の建屋

 

午前中に伺いましたが、すでに外気温は34.4℃・・・ちなみにこの日の最高気温は36.3℃(15時半頃)。猛暑日ですね。屋根裏温度を測定すると、54.6℃ありました。

見込みとしては、この数値が34.4℃(外気温)前後になります。

屋根裏面温度を測定 54.6℃

 

屋根の上で確認しましたが、スレート屋根特有の割れもちらほらと。雨漏りする前に、こちらも合わせて対策させていただきます。

スレート屋根に割れあり。雨漏り対策としてもECO遮熱工法Ⓡは効果を発揮します!

 

 

暑さ対策の効果を実感いただきたい!

先日の休憩所の実例で、私も改めて、ECO遮熱Ⓡ工事の効果をはっきりと体感しました。ぜひこの感動を多くの方に感じていただきたいです。

こちらの倉庫オーナー様も、また現在この酷暑に頭を悩まされている経営者の方々など、ぜひ一度ご相談ください!!きっと力になれます!

 

お問い合わせ

 

 

施工実績025 工場(スレート屋根)の暑さ対策工事(ECO遮熱工法®)|愛知県

お客様からのご要望

・工場(スレート屋根)の暑さ対策を検討中です。アドバイスをいただければ幸いです。
・築30年くらいで3年前に屋根の塗装をしたが、それほど効果がなかった。
     

工事概要

施工期間:8日間
施工面積:屋根303㎡(既存:スレート屋根)
工事場所:愛知県名古屋市南区元塩町1-41
     株式会社 オーシーシー様
     ※お客様の承諾の上、お名前等を掲載させていただいております。

 

温度測定

2018年7月25日 サーモグラフィーにて温度測定を実施
14時半頃 外気温36℃

施工済屋根裏面温度は38.1℃でした 未施工屋根裏面温度(パネルあり) は下屋47.7℃でした 未施工屋根裏面温度(木毛板なし)は 54.6℃でした
施工済 38.1℃ 未施工(パネルあり)
下屋:47.7℃
未施工(木毛板なし)
隣の建屋:54.6℃

 

ビフォー&アフター

既存はスレート屋根でした ガルバリウム鋼板で重ね葺きしました
 【ビフォー】
スレートの屋根でした。
 【アフター】
ガルバリウム鋼板で仕上げました。
施工前の軒先部分です 施工後の軒先部分です
 【ビフォー】
施工前の軒先部分。
【アフター】
施工後の軒先部分。
既存スレート屋根の写真です ガルバリウム鋼板で重ね葺きしました
 【ビフォー】
遮熱塗料済みの屋根でした。
【アフター】
ECO遮熱工法®で屋根を葺きました。
施工前のケラバ部分の写真です  施工後のケラバ部分の写真です
 【ビフォー】
施工前のケラバ部分。
【アフター】
施工後のケラバ部分。

 

施工の様子  
新しくしたECO遮熱工法の工事幕をかけました 施工中、換気棟を一度取り外しました
新しく作った工事幕を取付けました。  施工中、換気棟を一度取外しました。
遮熱材リフレクティックスの施工 全面に遮熱材を敷き終わりました
遮熱材「リフレクティックス」施工中。 屋根全面に施工完了。

 

お客様の声

弊社の工場は3層構造で、屋根に一番近い最上階の作業環境はとても劣悪。3年前に遮熱塗料を屋根に塗ってもらい、エアコンの出力も上げたのですが、屋根裏面温度は2、3℃下がったものの、体感温度は変わらず、毎年熱中症で体調を崩す従業員が出る状態でした。そんな時、最上階で働く社員が展示会でこの工法を見つけてきました。話を聞くとカバー工法のため屋根の劣化も暑さと共に解決できるとこのことで、驚きでした。百閒は一見にしかずと施工物件の建物を見学させていただきました。とても親切にいろいろお話を聞かせていただきました。冬だったので体感はできなかったのですが、社長の語られる言葉の端々から感じる「満足度」はとても高く、これは本物だ!と思い工事を依頼しました。冬の間に施工し、今年の暑い夏を待ち受ける準備は万端です。従業員の驚く顔を見られると思うと待ち遠しいくらいです。

 

 

 

 

 

 

弊社担当者より

担当者名:住田 良平

2017年4月に出展した工場設備・備品展にて工場で働く従業員の方と名刺交換をさせていただきました。工場の夏の暑さをどうにかしたいという思いがあったそうです。展示会でお渡しした資料が工場長様に渡り、本格的に暑さ対策のお話がスタートしました。実際に働く方の言葉は、やはり伝わるのだなと感じた出来事でした。
打合せで、弊社で遮熱工事を施工した工場へお連れしました。先方の社長様が採用を決めた理由や施工後の状況を聞く中で、これは効果があると実感いただいて、工事をご依頼をいただきました。実際に建物を使用している方の声には勝てませんね。
今年の夏は快適な工場で過ごしていただけそうです。

 

その後アフター訪問にて~お客様の声~

・2018年7月25日アフター訪問をした際に温度測定を実施し、担当者様にお話を伺ってきました。

この酷暑で「涼しくなった」っていう声は出てないけど、温度計の数値が出ているのは確かです。
昨年の暑い時は38度くらいだったが、今は33.4度。
工事をやっていなかったら何人か倒れてたんじゃないかな。
社長にも「早めにやっててよかったですね」と言われています。

ご検討中の建物屋根がスレート屋根の方は、ぜひこちらのページも合わせてチェックしてみてください。