工場の暑さ対策として、エアコン設置より先に、まず「屋根・外壁の遮熱」をご提案する理由

8月は全て真夏日以上

今年の夏も例年と同様に酷暑の夏でしたね。まだまだ日中は暑い日が続いておりますが…

令和2年8月、弊社のある三重県四日市市は、最高気温が30℃以上の「真夏日」と35℃以上の「猛暑日」を合わせると「31日間」ありました。どおりで暑かったわけです。毎日ですからね。
※令和元年8月は24日間 参考:気象庁 気象データ

令和2年8月の三重県四日市市の最高気温と最低気温の推移を表した折れ線グラフです

 

これから徐々に涼しく、過ごしやすい気候になっていきますが、引き続き新型コロナウイルス対策も必要ですし、来年の夏に向けて、「暑さ対策」に関する予算取りや事業計画を考えているオーナー様も多いはず。ご参考になれば幸いです。

 

「工場を涼しくする」には何が効果的か

「工場の中を涼しくしたい」と考えた時、真っ先に思い浮かぶのは『エアコン』ではないでしょうか?

業務用エアコン
スポットクーラー(冷風機)

 

建物全体を冷やすものやスポットクーラー(冷風機)のように部分的に冷やすものもあります。これも一つの方法です。

ただ、当たり前ですが、これには光熱費というランニングコストが常にかかります

いくら高性能、高効率なエアコンを設置して、工場内を冷やしたとしても、太陽からの熱をどんどん入れてしまうような建物であれば、外から入ってくる熱で、工場の中は温められてしまいます。

 

エアコンを設置するより先に、まず工場自体を太陽の熱から守る必要があります!!!

弊社がご提案している『暑さ対策』は、建物の外側を遮熱することで、太陽の熱を建物に入れないようにすることを目的としています。 ※詳細⇒施工実績

 

クリックすると、ECO遮熱工法®公式ページが開きます

 

 

遮熱工法で省エネ率89%実現した工場

愛知県春日井市にあります段ボール生産機械メーカーである㈱ISOWA様の実例をご紹介します。

こちらの工場のお悩みは「従業員の熱中症対策」でした。夏場はエアコンがほとんど効かず、工場内の温度はなんと40℃以上。そのため冷房の増設を検討していたものの、必要な台数を導入すると、1億円近い導入費がかかるだけでなく、電気代は年間1,200万円も増えてしまうとのことでした。

 

床面積:約4,000㎡

 

既設設備:40kwエアコン×5台=200kw/スポットクーラー×10台

 

空調設備の増設検討からコスト削減のため、遮熱材リフレクティックスを使用した遮熱工法をご採用されました。

 

当初、この工場を十分に冷やすには、1815kwのエアコンが必要と設備メーカーより提示されたそうです。ですが、遮熱工法施工後は既設200kwのエアコンを稼働するのみで十分対応可能になりました。省エネ率89%実現!!

 

弊社のおすすめする暑さ対策工事ECO遮熱工法®は、太陽からの熱を建物へ入れないことが目的です。工事後の屋根裏面温度は外気温と同じくらいまで下げることができます。

暑さ対策をするなら、工場を涼しくしたいなら、まず屋根・外壁から手を付けましょう!!

空調設備導入の前にぜひ一声かけていただけると幸いです。

 

 

こちらの事例の詳細はこちらのページをご参照ください

㈱佐武 株式会社ISOWA様
「遮熱カバー工法で、省エネ率89パーセントを実現。導入前は必要空調負荷1,815kWだったのが、導入後はわずか200kWで快適空間に。」

 

お問合せはこちらから

お問い合わせ

[連載3]コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策 ~「エアコンと換気」

こんにちは。暑くなれば、熱中症を意識する方は増えますが、一番危険なのは実は今ぐらいの季節の替わり目なのではないかと、最近気づきました。

 

さて、連載3回目は「エアコンと換気」について。
前回の内容にも繋がっているので、読まれていない方はそちらも合わせてぜひ、目を通してみてください。

 

これまでのコラムはこちらからご覧いただけます。
2020.5.18【連載】コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策
2020.5.27【連載】コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策~「換気」

 

【トピック】

●夏場のエアコン
●エアコンは空気を入れ替えていない?!
●換気をしましょう
●窓開けっぱなしの工場

 


●夏場のエアコン

 

これからだんだんと暑くなっていくと使用頻度が増えていくのが、「エアコン」ですよね。

業務用エアコン(天井カセット型)

 

今回のシリーズで特に取り上げている工場や倉庫でも同様に、これから使用が増えていくでしょう。また、例年続く、酷暑の夏に向けて、冬から春にかけて空調機の導入をされた企業様も多いのではないでしょうか。

 


●エアコンは空気を入れ替えていない?

 

今回は、前回の換気の内容に加えて「エアコンと換気」についてお話していきます。

 

エアコンは空気を入れ替えていません!

 

厳密には、換気機能のあるものもありますが、一般的にはエアコン自体に換気機能は付いていません。

エアコンから風が出てきて、外と中がダクトでつながっているようにみえるので、なんとなく「エアコンが換気もしてくれている」と思っている方は多いのではないでしょうか。

エアコンは、室内機と室外機、それぞれにある「熱交換器」によって空気を冷やしたり、温めたりしています。その空気を内蔵されているファンの力をつかって、室内に戻しているだけなので、エアコンが室内と外の空気を入れ替えているわけではないんです。

 


●換気をしましょう

 

構造上、エアコンは室内の空気を熱交換器によって、冷やしたり温めたりしているので、エアコン使用によって空気は汚れません。ですが、そこを使う作業員の方々から発生する汚染物質(前回参照)は時間の経過とともに空間にたまっていきます。

エアコンを使い、閉め切った工場内では、換気扇を使うか、もしくは窓をあけるなどして換気をしていかなければいけません。そうなると、せっかく適温にした空気が外に出て行ってしまうので、換気が終わったときに再度、エアコンを使って、適温まで戻すという作業が必要になります。効率が非常に悪いです。

エアコンの導入を積極的に進めていらっしゃる企業様には、ぜひこの換気のことを重々承知の上で、使用いただきたいなと思います。エアコンの効率が落ちることで、いくら省エネ対応のものを設置していたとしてもランニングコストが平年以上になることも考えれます。

 


●窓開けっぱなしの工場

 

ECO遮熱工法Ⓡを導入いただいた企業様からの話では、5月に入り徐々に暑さが厳しくなってからも、基本的には、マスクをし、窓を開けっぱなしで作業を行っているとのことでした。3密、空調コストの観点から、今後エアコンが使いづらくなりますが、幸い、この春まででECO遮熱工法Ⓡにて施工済の工場では、窓を開けっぱなしの状態でも十分快適に作業ができているそうです。

 

扇風機やスポットクーラー、業務用エアコンの需要が増える時期ではありますが、対策として、建物自体の性能を向上させることが重要であると、お客様の声から実感しております。

 

 

 

 

予告

次回以降掲載予定のコラムを簡単にご紹介。

  • ECO遮熱工法Ⓡとは
  • 今すぐにできる暑さ対策とは?
  • 暑さだけしのげばいいのか?
  • 2,3年続くことを見越した対策について

新たな情報が入れば、適宜追加変更していきます。

ご質問などございましたら、お気軽にご連絡ください。
お問い合わせはこちら

 

連載

2020.5.18 01 コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策
2020.5.27 02 コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策~「換気」
2020.5.30 03 コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策 ~「エアコンと換気」

[連載2]コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策~「換気」

5月25日に気象庁より3か月予報が発表されました。
東海エリアの平均気温は「高い確率50%」との予報

年々、夏が暑くなってきていることを実感しますが、今年の夏も暑くなりそうです。

 

さて、前回に続き、「コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策」について。

今回は「換気」について書かせていただきました。

今回のテーマ「換気」です。工場の換気設備といえば、ベンチレーター。これは建物内の空気を排気するための機械で、自然換気式と強制換気式がある

 

前回のコラムはこちらからご覧いただけます
2020.5.18【連載】コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策

 

【トピック】
換気をしましょう
そもそも換気とは?
換気回数は毎時2回以上

 


●換気をしましょう

政府は「3つの密(密閉・密集・密接)」を避け、建物内に風の流れをつくり密閉空間を作らないために、窓がある部屋では

・2方向の窓を、1回、数分間程度、全開にしましょう。換気回数※は毎時2回以上確保しましょう
・窓が1つしかない場合でも、入口のドア開けてドアの窓の間に空気を流す。扇風機や換気扇を併用しましょう

と呼びかけています。

参考ページ:厚生労働省

※換気回数:部屋の空気がすべて外気と入れ替わる回数

サッシメーカーのYKK AP株式会社様のページにて、換気のメカニズム、換気の方法等わかりやすく掲載されています。ご参考までに。⇒窓がポイント! 住まいのじょうずな換気方法

 

 


●そもそも換気とは?

そもそも「換気」とはどういうことをいうのでしょうか??

 

【換気とは】
部屋などの空気を入れかえること。部屋の中にある汚染物質を薄めたり、外に出して、新しい空気を入れること。

 

【汚染物質(人間に対して悪い物)とは】
⼆酸化炭素(CO2)、⼀酸化炭素(CO)、ホルムアルデヒド(HCHO)、ハウスダスト、花粉、細菌、ウイルスなどがあります。

 

有圧換気扇(電気工事が必要)。強制換気の一つ

 

換気をせず、何もしなければ、部屋の中にそういった汚染物質がどんどんたまっていくことになります。また、そこで作業をする人数が多ければ多いほど、発生する汚染物質は増えるので、汚染物質がたまっていくスピードも早まります。

 


●換気回数は毎時2回以上

はじめに書いた「換気回数は毎時2回以上確保」という政府からの呼びかけ。

これを読んで、初見では「1時間に2回窓を開け閉めしたらいいんだな」と感じました。
間違いではありませんが、それでは足りないと感じました。

住宅の場合であれば、数分間程度で大丈夫かもしれませんが、工場などでは、作業をしている人数が多く、また空間が大きいため、汚染物質がたまりやすく、また空気が入れ替わるのに時間がかかってしまいます。

・換気の回数を増やす
・換気の時間を長くとる
・換気扇を設ける(設備投資)
・窓などの開口を開けっ放しにしておく(常に空気を入れ替えている状態)

換気の数や長さに関しては、工場の管理をされている方の積極的な呼びかけが必要ですね。

 

 

コロナが終息するまで、2,3年はかかると言われています。これからはコロナと共存しながら、積極的な対策を行いながら、工場を稼働させていきたいものです。

なおかつ、これからやってくる暑さや寒さに対してもしっかりと対策も取っていきたいですね。

対策の一環として、弊社が一番におすすめしているものは、こちらのコラムの初回にご紹介しましたECO遮熱工法Ⓡです。次回以降で詳しくお話しできればと思います。

 

まだ初回をご覧になっていらっしゃらない方はこちらもぜひご一読ください。

[連載01]コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策

 

 

予告

次回以降掲載予定のコラムを簡単にご紹介。

  • エアコンで換気はできない?!
  • ECO遮熱工法Ⓡとは
  • 今すぐにできる暑さ対策とは?
  • 暑さだけしのげばいいのか?
  • 2,3年続くことを見越した対策について

新たな情報が入れば、適宜追加変更していきます。

ご質問などございましたら、お気軽にご連絡ください。
お問い合わせはこちら

 

連載

2020.5.18 01 コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策
2020.5.27 02 コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策~「換気」
2020.5.30 03 コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策 ~「エアコンと換気」

[連載1]コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策

弊社は、工場の暑さ・寒さ対策工事を専門に行っている会社です。

今回はコラムという形で「コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ熱中症対策」に関する記事を書いていきます。

これまで弊社が培ってきた技術と経験から暑さや熱中症等でお困りの企業様に向けて、少しでもお役に立てればと思います。また工場の工事となると、設備投資として大きな費用がかかります。工事ではなく、すぐに行える暑さ対策に関しても合わせて書いていきます。ご参考になれば幸いです。

本コラムは5~6記事を予定しています。最新記事の掲載情報は、SNS等でお知らせいたしますので、こちらのアカウントをぜひチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

【トピック】
●3つの密を避けましょう
●真夏の暑さが心配です
●ECO遮熱工法®で建物自体の性能を向上させませんか?

 


●3つの密を避けましょう!

新型コロナウイルスの集団発生防止の観点から、3月28日に厚生労働省より「3つの密を避けましょう!」という呼びかけがありました。

  1. 換気の悪い密閉空間
  2. 多数が集まる密集場所
  3. 間近で会話や発声をする密接場面

この3つの条件がそろう場所がクラスター(集団)発生のリスクが高いとされています。3密を避けた行動をとるように呼びかけはありますが、それができない業種もあります。

特に「製造業」。人手が必要な生産ラインでは、3密の可能性が高くなる工程や人員配置の見直しを行っているそうです。

 


●真夏の暑さが心配です

総務省の発表によると2019年5月~9月の「熱中症による救急搬送状況」は71,317人でした。昨年の数値(95,137人)と比べると、23,820人減となっていますが、過去6年の推移をみても、上昇傾向にあると判断できます(資料1参照)。

 

 

 

今回取り上げている「製造業」に関しても、熱中症による死傷者数は建設業についで2番目に多い数値となっています(資料2参照)。

 

 

これから夏に向けて、だんだんと工場の中が暑くなっていきます。おのずとエアコンを使う機会が増えてきますよね。そこで気になるのが、「1.換気の悪い密閉空間」です。

「密閉」空間にしないためにこまめな換気が必要になってきます。

 

 

換気によって冷気も一緒に外へ出してしまうため、エアコンの効率は、グっと落ちてしまいます。光熱費の増大は必至。これは冬もしかりです。これは、夏場のエアコンの使用を控える方向に進むのではないでしょうか。

 


●ECO遮熱工法®で建物自体の性能を向上させませんか?

「新型コロナウイルスによって、エアコンの使用が難しくなるなら、建物自体の性能を向上させませんか?」

太陽からの熱を室内に入れないために、工場の屋根や外壁で熱を遮断する仕様に変えていきましょう。

そうすることで、エアコンを使用することなく、もしくはスポットクーラーや扇風機を数台設置するだけで快適な工場に変えることができます。

 

 

弊社の取り組んでいる工場の省エネリフォームECO遮熱工法®では、屋根や外壁の性能を向上させ、経費削減&省エネ/従業員の労働意欲・作業効率の向上を実現します。

施工事例⇒https://www.e-yane.net/archives/category/results/results-eco

 

 

この工法は、冬でも効果を発揮します。室内の熱を逃がさず、冷気を遮ることであたたかな工場に生まれ変わらせることができます。
https://www.e-yane.net/archives/5752

空調をつかわずに3密を避けた工場の実現のお手伝いをさせてください。これを機会に古い屋根をリフォームして、一石二鳥、三鳥の設備投資をしてみませんか。新型コロナウイルスで様々なことが自粛となっていますが、暑い夏、寒い冬は必ずやってきます。それまでに、対策を!

 

 

予告

次回以降掲載予定のコラムを簡単にご紹介。

  • 毎時2回以上の換気について
  • エアコンで換気はできない?!
  • 今すぐにできる暑さ対策とは?
  • 暑さだけしのげばいいのか?
  • 2,3年続くことを見越した対策について

新たな情報が入れば、適宜追加変更していきます。

 

 

ご質問などございましたら、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

 

連載

2020.5.18 01 コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策
2020.5.27 02 コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策~「換気」
2020.5.30 03 コロナ禍における“3密“を避けた、工場向け暑さ・熱中症対策 ~「エアコンと換気」