来年に向けて!早めの【暑さ対策】のご提案

2019/12/19

メッセナゴヤ2019が終わりひと月が経ちました。

過去出展したイベントの中でも一番の反響だったように思います。

というのも、展示会終了後の現地調査の件数。いままで、名刺交換までは多くさせていただくのですが、その後がなかなか続かずでした。

遮熱塗料が塗られた折板屋根

 

秋~冬(イベントが11月)に「夏の対策」の話をしても、あまり緊急性がないのかな、関心がないのかな、と思っていましたが、ここ最近の夏の猛暑は多くの企業様にとって悩みの種であることがはっきりとわかったイベントでした。

 

各社、アポ取りをして、現地確認。屋根にのぼり、形状のチェックと採寸を行います。

 

担当者の方が、展示会に来場されていない場合(社内回覧で回ってきたパンフレットに興味をもった等…)、打ち合わせの際に、デモキットを持参し、断熱材と遮熱材の違いを理解いただくこともあります。

左が断熱材で囲んだ箱、右が遮熱材で囲んだ箱。赤外線ストーブを箱の中(建物の中)の温度を測定

 

1枚目の写真は、現地調査に伺った倉庫の屋根です。遮熱塗料が塗られていましたが、担当者の方いわく、「あまり効果はないですね」とのこと。

効果のある工法で施工させていただき、設備投資をしてよかったと感じていただけるよう、まずは提案をがんばります!!!

来年の5月中旬から1棟滋賀県の工場が着工します。夏までに工事完了予定です。徐々に、工程が埋まってくることが予想されます。工事をご検討されている会社様はぜひ、お早めにご相談いただけると幸いです!!!

 

工場・倉庫・事務所など、夏の暑さでお困りの方はぜひお気軽にご相談ください!
https://www.e-yane.net/contact


カテゴリ│ブログ
タグ│