[ブログ]雨漏り修繕「+α」としての遮熱工法|三重県四日市市

2015/12/17

前回のブログで書きました事務所の遮熱工事ですが、並行してこちらの戸建て住宅も遮熱工事を進めております。

既存の屋根は金属瓦棒葺きの屋根

 

ご相談いただいたのは、「雨漏り修繕」でしたが、建物の暑さもお困りでしたので、遮熱工事もご提案いたしました。

今回は、屋根のカバー工法(既存屋根の上に新しく屋根をかぶせる)と合わせて、リフレクティックスと空気層を施工した遮熱工法を採用いただきました。

スレート屋根での施工方法とは異なり、木下地を既存の屋根に取り付ける工法です。

既存の屋根の上に、遮熱の層空気層による断熱層を作り、太陽からの熱を防ぎます。

遮熱材リフレクティックスと木下地
工事後 カラーガルバリウム鋼板の屋根です

 

雨漏り改善だけではなく、暑さ対策も同時にできるこの工事は弊社の強みだなと改めて実感しました。

雨漏り修繕+αとして、ECO遮熱工法®をお勧めします!!

 

 

関連記事

HPにも施工事例として掲載しております。こちらもぜひご覧になってください!

施工実績021


カテゴリ│お知らせ, ブログ
タグ│タグ: , ,