工場の暑さ対策として、エアコン設置より先に、まず「屋根・外壁の遮熱」をご提案する理由

2020/09/11

8月は全て真夏日以上

今年の夏も例年と同様に酷暑の夏でしたね。まだまだ日中は暑い日が続いておりますが…

令和2年8月、弊社のある三重県四日市市は、最高気温が30℃以上の「真夏日」と35℃以上の「猛暑日」を合わせると「31日間」ありました。どおりで暑かったわけです。毎日ですからね。
※令和元年8月は24日間 参考:気象庁 気象データ

令和2年8月の三重県四日市市の最高気温と最低気温の推移を表した折れ線グラフです

 

これから徐々に涼しく、過ごしやすい気候になっていきますが、引き続き新型コロナウイルス対策も必要ですし、来年の夏に向けて、「暑さ対策」に関する予算取りや事業計画を考えているオーナー様も多いはず。ご参考になれば幸いです。

 

「工場を涼しくする」には何が効果的か

「工場の中を涼しくしたい」と考えた時、真っ先に思い浮かぶのは『エアコン』ではないでしょうか?

業務用エアコン
スポットクーラー(冷風機)

 

建物全体を冷やすものやスポットクーラー(冷風機)のように部分的に冷やすものもあります。これも一つの方法です。

ただ、当たり前ですが、これには光熱費というランニングコストが常にかかります

いくら高性能、高効率なエアコンを設置して、工場内を冷やしたとしても、太陽からの熱をどんどん入れてしまうような建物であれば、外から入ってくる熱で、工場の中は温められてしまいます。

 

エアコンを設置するより先に、まず工場自体を太陽の熱から守る必要があります!!!

弊社がご提案している『暑さ対策』は、建物の外側を遮熱することで、太陽の熱を建物に入れないようにすることを目的としています。 ※詳細⇒施工実績

 

クリックすると、ECO遮熱工法®公式ページが開きます

 

 

遮熱工法で省エネ率89%実現した工場

愛知県春日井市にあります段ボール生産機械メーカーである㈱ISOWA様の実例をご紹介します。

こちらの工場のお悩みは「従業員の熱中症対策」でした。夏場はエアコンがほとんど効かず、工場内の温度はなんと40℃以上。そのため冷房の増設を検討していたものの、必要な台数を導入すると、1億円近い導入費がかかるだけでなく、電気代は年間1,200万円も増えてしまうとのことでした。

 

床面積:約4,000㎡

 

既設設備:40kwエアコン×5台=200kw/スポットクーラー×10台

 

空調設備の増設検討からコスト削減のため、遮熱材リフレクティックスを使用した遮熱工法をご採用されました。

 

当初、この工場を十分に冷やすには、1815kwのエアコンが必要と設備メーカーより提示されたそうです。ですが、遮熱工法施工後は既設200kwのエアコンを稼働するのみで十分対応可能になりました。省エネ率89%実現!!

 

弊社のおすすめする暑さ対策工事ECO遮熱工法®は、太陽からの熱を建物へ入れないことが目的です。工事後の屋根裏面温度は外気温と同じくらいまで下げることができます。

暑さ対策をするなら、工場を涼しくしたいなら、まず屋根・外壁から手を付けましょう!!

空調設備導入の前にぜひ一声かけていただけると幸いです。

 

 

こちらの事例の詳細はこちらのページをご参照ください

㈱佐武 株式会社ISOWA様
「遮熱カバー工法で、省エネ率89パーセントを実現。導入前は必要空調負荷1,815kWだったのが、導入後はわずか200kWで快適空間に。」

 

お問合せはこちらから

お問い合わせ


カテゴリ│PICK UP, お知らせ, コラム
タグ│タグ: , , , , ,