施工実績005 日本瓦の趣を残した金属屋根へ葺き替え

2007/06/29

お客様からのご要望

雨漏りして天井には染みができているので、屋根を葺き替えたい。

 

ビフォー&アフター

【ビフォー】
陶器瓦でした。確認させていただくと
ところどころ凍結割れを起こしていました。
【アフター】
金属屋根に葺き替えをしました。
商品名はセキノ興産の「かわら455」です。色は「いぶし銀」です。
【ビフォー】
施工前の外観です。
【アフター】
施工後の外観です。 写真では
分かりづらいかもしれませんが、 本物の瓦みたいに美しい仕上がりになっています。

作業の流れ

屋根の葺き替え工事の様子をご覧ください!
今回の屋根材は、軒から棟まで一枚の長尺なので、作業もとてもスムーズです。

【1】屋根の土をおろします。まず、クレーンで土を運び処分します。 【2】既存の板の上に新しい下地となるコンパネを張っていきます。
【3】防水用のシートルーフィングを張っていきます。 【4】軒先から棟まで一枚板になっている屋根材「かわら455」をビスでしっかりと固定していきます。
【5】屋根材の中心になる部分もしっかりと固定します。 【6】全面終了!あとは棟と雪止め金具です。

 

その他の写真

雪止め金具も設置しました。 軒先巴面戸も日本瓦の様に綺麗に デザインされてますね!

 

弊社担当者より

M様邸の屋根は日本瓦で老朽化していたので、「梅雨前には!」と修繕を考えられていました。
調査の結果、所々で凍結割れを起こしており、雨漏りが発生していて天井には多くの染みがありました。
今回、おすすめさせていただいた屋根材は日本瓦の趣を残した金属屋根で、日本瓦の10分の1以下と軽く建物への負担が少ないものです。
地震災害も軽減できるよう、この屋根材のご提案をさせて頂きました。
工事中のご注意が説明不足で、ご迷惑をおかけしたこと、大変申し訳ありませんでした。
本格的な大雨のシーズンに向けて、雨樋も交換していただきましたので、雨漏りの心配なくお過ごしいただけると思います。また、何か気になる点がありましたら、遠慮なくご連絡ください。


カテゴリ│屋根, 施工実績
タグ│