『ECO遮熱』で”寒さ対策”できます!

2018/11/01 New!

冬は「ECO遮熱」で”寒さ対策”できます!!

「ECO遮熱工法®」で使われている遮熱材「リフレクティックス」は、もともと寒冷地のカナダ発祥で寒さに強い遮熱シートです。「ECO遮熱工法®」で施工した建物は、夏も涼しいですが、冬は暖かく過ごせます。

例えば、工場内の熱源(加工機械など)があれば、さらに冬は暖かく過ごせます。
「外部の冷気を反射して、室内の暖気を外に出さない」です!

取り扱う材料や製品によっては、製品の品質管理上、材料を冷やしてはいけない工場があります。以前、弊社で工事をさせていただいた材料を扱う場所で、冷やさない為に常に暖房をつけている工場がありました。
遮熱工事をする前に、サーモグラフィカメラでその空間の外側の壁を測定すると
壁は真っ赤になっていました。つまり、せっかく暖めた熱が外部へ逃げていたのです。

工事後、再度測定してみると、熱の外部への流出を防げているのが確認できました。

←(左側)が遮熱工事済みの壁、(右側)が遮熱工事していない壁です。

熱の無駄がなくなり、大幅な空調費削減につながっています。
また、他の施工物件では夏の暑さもそうですが、冬はとても冷え込む地域に立地しており、暑さ以上に寒さでお困りでした。施工後、現場の方にお話を伺うと、先日、朝方に温度計で測ったところ外気温が4℃の時に、工場内は11℃で、効果をしっかり発揮していたそうです。

そして、連想させるものは「魔法瓶」です!
魔法瓶の場合は、内瓶と外瓶の間の真空の隙間が伝導と対流を防ぎその間にある銅箔が放射を防いでいます。この「熱の移動」の仕組と同じように、「ECO遮熱工法®」で使われている遮熱材リフレクティックスの場合、遮熱シートの両側に伝導と対流を防ぐために静止した空気層をつくります。空気は真空よりは熱を伝えますが、それでも熱伝導率は低く、空気層が遮熱材の役割を果たしてくれます。

「遮熱=夏のもの」というイメージがありますが、寒さにも効果的な「ECO遮熱工法®」です。暑さ対策だけではなく、寒さ対策にも抜群です!冬は室内の暖房の熱を外に逃がさず、何時間も暖かさを保ち魔法瓶と同じように暖かい空間をつくることができます。

弊社の「ECO遮熱工法®」にご興味をもたれた方は、ぜひ会場のポートメッセなごや『弊社のブース』にお立ち寄り、展示架台が設置してありますのでぜひご覧ください。

◎弊社のブースは小間番号2D-147 です。

イベント時には、カットサンプルが置いてあるのですが、
カットサンプルをポケットの中に入れておくと、
やんわり暖かいですよ~^^

イベント時のミニ情報でした!!
では、会場でお待ちしております。


カテゴリ│PICK UP, イベント情報
タグ│