お勧めの工法・材料

地球環境の各種問題が取りざたされている中、建築に携わるものとして、その改善に取り組むということは、使命だと考えております。
その使命の中で、何を使い、どう施工して、建物を創っていくのか?
ここでは、環境を考えた商品や工法、それ以外にも画期的な商品や工法など、お客様にメリットが高いものの中から、弊社が厳選しお届けしていきます。

 

カバールーフ工法 ゼロディールーフ

工場の屋根の省エネ(暑さ・寒さ)対策をお考えの方にオススメです!
「工 場や倉庫の中は夏は暑く、冬は寒い・・・。これでは作業効率も下がり、また空調にかかるコストは削減できず、また地球温暖化に対しても良くない・・・、ど うにかできないものか・・・」とお悩みの経営者の方が多いようです。そんな方々にオススメしているのが、このゼロディールーフ工法です。

またこの工法は、今、問題となっているアスベスト。これを封印する工法でもあります。それは、上に葺く屋根材も選ばないため、どんな屋根材を仕様することも可能な嬉しい工法です。

また工場等の場合、工事をしたくても「ラインが止められない」という経営者の方の悩みを解決したのです。このカバールーフ工法のいくつかのメリットのうち、4つは経営者の方にとってこの上ないものです。ご覧ください。

  • カバー工法による空気層のお陰で、工場内部の暑さ・寒さ対策ができ、大幅に空調費用が削減!
  • カバー工法なので工場の中で作業をしたまま、屋根工事が出来る。(作業を止めなくてもOK)
  • 既存の屋根に取り付けないので、建物内にホコリが落ちない。
  • 屋根がアスベスト製品の場合、撤去なら必要な工事中の厳しい規制や、近隣住民の方への配慮が不要。

ゼロディールーフ詳細ページ
arrow01 商品紹介←まず、詳しくはこちらでご覧ください。

arrow01 施工の流れ
arrow01 施工前と施工後(実際の温度差を測定)

 

宇宙産業から生まれた遮熱材 リフレクティックス

リフレクティックス夏の光熱費を63%削減するとともに建物内の環境改善により、作業効率がアップする新しい工法のお知らせです。

アメリカの宇宙工学から生まれた商品。
熱の伝わる速度の遅いものを使う断熱とは比較にならない遮熱材と、廃材を出さない屋根のカバー工法のご紹介です。

  • 夏の暑さの一番大きな原因である屋根からの熱を99%カット!
  • 御社の工場が、稼働したまま省エネの建物に生まれ変わる!
  • 廃材も出さず、仕上げ材は自由に選べ、新築したかのような外観に仕上がる工事費用は?
  • 断熱材と比較してみると、どれだけ差が出るのでしょうか!?

リフレクティックス詳細ページ

 

工場・倉庫・畜舎の暑さでお困りの方へ~省エネ・節電対策リフォームは下記のサイトへ~
ECO遮熱工法

 

FRP素材の高性能屋根瓦 カルカ・ルーフ

カルカ・ルーフ良く使われているスレート系の瓦は 経年劣化で表面の塗装が取れてしまうと雨水を吸水してしまい、瓦の割れに繋がっていました。
そこで・・・新しい屋根瓦が誕生しましたのでご紹介します!! 当社社長イチオシ商品『カルカ・ルーフ』です。

 

  • 軽くて割れない「軽さ」と「強さ」→地震に強い!
  • 吸水性が極めて低いので、年数が経過しても割れにくい。
  • 屋根に飛び火しても安心「防火性能」
  • 台風などの強風にも余裕で耐える「耐風性能」
  • どんな強い雨でも水の浸入を防ぐ「防水性能」
  • 過酷な夏の強い紫外線にも劣化しない「耐候性能」
  • 雨音にもならない「雨音低減性能」

カルカ・ルーフ詳細ページ