雨漏りゼロ!特許雨漏り検査法。雨漏りの原因追及が雨漏り修理の第一歩。スレート屋根等のカバールーフ工法にも建築板金職人が技を活かす。

(有)伊藤鈑金工作所
雨漏りゼロを目指して!雨漏り検査専門サイト【e屋根.ネット】全国雨漏検査協会会員、特許第1964971号、NETIS登録新技術
トップページへ戻る
お知らせ
建築板金のこだわり
環境を考え、品質を選ぶ お勧め工法・材料
施工実績
お客様の笑顔が見たい!
メルマガ登録
工事業者様へ
職人(プロ)として
問い合わせフォーム
会社概要
リンク集
【施工、検査エリア】
三重県全域(四日市市・鈴鹿市・桑名市・津市・その他)、名古屋市、愛知県一部地域、詳しくはお問合せください

建築板金のこだわり

建築板金のこだわり>施工実績008

施工実績008 K様邸 工場スレート屋根 遮熱工法によるカバールーフ工事


お客様からのご要望

工場が夏は特に暑い。下で作業をしている従業員がいるため、この暑さをどうにかしたい。

施工期間

約2日間

ビフォー&アフター

施工前
【ビフォー】
施工前の屋根はスレートです。
施工後
【アフター】
施工後、下屋の屋根はきれいな仕上がりになりました。
施工前
【ビフォー】
草が生え、軒樋が落ちてきています。
施工後
【アフター】
軒樋を施工しました。

赤外線放射温度計で測定

工場内より屋根裏を測定


赤外線放射温度計で測定
赤外線放射温度計で施工前の屋根を下から測ったところ54℃と表示されました。
赤外線放射温度計で測定
施工後の屋根は33℃です。
マイナス21℃下がりました。

作業の流れ

作業の進み具合をご覧ください。


安全ネットを施工
【1】
安全ネットを施工。安全ネットは埃や屑を落さないように、既存の屋根に取り付けます。

【2】
遮熱工法によるリフレテクティックス(遮熱材)を施工。 
リフレクティックス完了
【3】
リフレクティックス完了。
リフレクティックスの重ね部分
【4】
リフレクティックスの重ね部分は専用のテープを装着。
下地C型鋼
【5】
下地C型鋼(下地材)の取り付け。
下地C型鋼
【6】
下地C型鋼の取り付け完了。
内部結露の防止
【7】
内部結露の防止に透湿シートを施工します。
内部結露の防止
【8】
透湿シート施工完了。透湿シートは透湿性、防水性、通気性を特徴とします。
新しい屋根材
【9】
新しい屋根を葺きます。既存の屋根の上に重ねます。
工事完了
【10】
工事完了。

弊社担当者より

屋根の一部分を遮熱材によるカバー工法をしただけで、施工前と後では屋根の温度差がこんなに出るとは私自身驚きました。これで、この屋根の下で作業をする方達は快適に仕事が進められことと思います。

<<【007】屋根重ね葺き工事へ | 【009】スレート屋根遮熱工事へ>>

建築板金のこだわり
環境を考え、商品を選ぶ お勧め工法・材料

ご注意:このサイトはできるだけ最新バージョンのブラウザ(IE/NN)でご覧下さい。
古いバージョンではレイアウト崩れ等の不具合で正しく閲覧できない可能性があります。
このページの先頭へ↑
〒510-0033 三重県四日市市川原町33-1 TEL:059-331-3731 FAX:059-333-7730