施工実績010 鈴鹿市 S(株)様 工場屋根改修工事 ZeroD-Roof工法

2011/02/01

施工期間

約1ヶ月間

 

工事概要

志を同じくする人が集まる研修セミナーで社長とお会いし、お話をする中で工場の状況をお伺いすると、10年ほど前から、毎年社員さんが雨漏り箇所をコ―キングして補修を続けてきたが、完全に止めることができなく困られているとのことでした。
実際の建物を拝見させていただくと、全体的にスレートが劣化しており、どの場所から雨漏りしてもおかしくない状態でした。特に突起物廻りがひどい状態でした。
工場内では畜産肥料を製造されているため、工場を稼働しながら工事ができ、埃も落とすことのないZeroD-Roof工法での工事となりました。
工事中、社長から「ほんとに工場を稼働したままで、工事ができるんだね。それに、ホコリが落ちない」と満足のお声をいただき、全体をカバーしてしまったことで雨漏りも無事に止まりました。

 

ビフォー&アフター

◆施工前の様子
既存はスレート屋根で、劣化のため雨漏りしている状況でした。 切妻屋根で二棟続きの状態です。
既存はスレート屋根で、劣化のため雨漏りしている状況でした。 切妻屋根で二棟続きの状態です。
 工場内部です。雨漏り個所の床には桶が置かれていました。  スレートの裏側も劣化しているのがよくわかります。
工場内部です。雨漏り個所の床には桶が置かれていました。 スレートの裏側も劣化しているのがよくわかります。
 ◆施工中の様子
 既存のスレート屋根の上からZeroD-Roof専用の金具を既存金具に取り付けます。  左の金物に、新しい屋根を取り付けるための金属垂木を取り付けます。
既存のスレート屋根の上からZeroD-Roof専用の金具を既存金具に取り付けます。 左の金物に、新しい屋根を取り付けるための金属垂木を取り付けます。
 金属垂木の取り付け完了。  既存の屋根の上に、新しい屋根材を葺いていきます。
 金属垂木の取り付け完了。既存屋根には一つも穴をあけません。  既存の屋根の上に、新しい屋根材を葺いていきます。
 ◆施工後
 施工後  施工後
 重ね葺きによるカバー工法の完了です。明りとりもしっかり同じ場所に設置。  施工後、きれいな仕上がりとなりました。新しい屋根材は「やまなみ」です。

 

お客様の声

工場が、老朽化して雨漏りしていました。屋根工事をする場合、下が工場なので埃やごみを落としたくありませんでした。そこで、稼働しながらの工事を提案していただきました。
工事後、雨漏りも止まり良かったです。この冬、雪が積もった後でも雨漏りはしませんでした。
隣接する別の工場も、次回に工事することを考えていますので、その際はよろしくお願いいたします。

 

弊社担当者より

担当者名:伊藤 豪人
既存の屋根(スレート屋根)を解体せずに、その上から新しい屋根を取付けるカバー工法で工事を進めました。埃や塵が出ないので、いつも通り稼働しながらの工事が可能となり、S様にも大変喜んでいただけました。
新しい屋根材は大型クレーンを使って荷揚げを行いました。工場は2棟が続いており、1棟ずつ段取りよく進めることができました。これで雨漏りの悩みも解消されたことと思います。
S様ありがとうございました。

 


カテゴリ│ECO遮熱工法, 屋根, 施工実績
タグ│